ヤングタウン土曜日とホンマでっかな情報の現在

ラジオ「ヤングタウン土曜日」の書き起こしとテレビ「ホンマでっか!?TV」の内容などをまとめています。
2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月

ヤンタン~初登場、野村みな美(明石家さんま・村上ショージ・飯窪春菜・工藤遥・野村みな美)16/02/06まとめ

2016年 2月 6日放送  MBSヤングタウン土曜日  (内容のまとめ・書き起こし)

明石家さんま
村上ショージ
飯窪春菜 (モーニング娘。'16)
工藤遥 (モーニング娘。'16)
野村みな美 (こぶしファクトリー)

◎オープニング
1月から2月にかけて色々な出来事が。激動。清原、SMAP、ベッキー。
さんま「テレビ局なんか、ホンマは助かってるわけやんか。こういうスゴいニュースがあると。あれは、テレビ局でそれを扱ってスゴい数字が出たとかいう事になった場合、テレビ局がどっかに何かを払うべきだと思うねんね、俺。その個人に払うわけにいかへんからね、寄付にまわすとか、そっちにした方が丸く収まると思うなぁ」。

村上「(新堂が)こないだ結婚したばっかりで深刻な顔してるから、『何やねん?』(と聞いたら)、『実は、あの・・・、結婚式の3日後、オヤジが亡くなりました』って。ほんなら、さんまさん『ブッ!』(と笑った)。ビックリした」 工藤「え~っ!」
さんま「ショージが笑ろたから俺も、こう、もらい笑い?(笑)」「そんなめでたい3日後に、こんな事ある奴なのかというね、人生の面白さやね。なんかそういう神さまのイタズラなのか、何なのか」。

◎前略のコーナー
ヤンタン初登場、野村みな美(こぶしファクトリー)。15歳。高1。今日は緊張。
野村、レコード大賞最優秀新人賞の話。実感が湧かない。

ヤンタン新年会の話。先週のヤンタン後。鞘師の送別会。赤いスニーカー。
さんま「鞘師も顔がグッと変わった感じがしたね」 村上「やわらかい顔になって」 さんま「やっぱりプレッシャーとか、そういうのから抜けてんやろね。そういう感じの落ち着いた顔になってんのがスゴいなぁと思って。辞めてまだひと月ぐらいでしょ? アイツ。開放感ある顔になんねんなぁ、あれ。不思議な事に」。
さんま「(工藤は)どうでした? 初めてのお食事会」 工藤「スゴい、急にお金持ちになった気分でした」 さんま「ははは(笑)」。
工藤「美味しかったです、もう。そもそも、入った時点で、別世界だぁと思って」 さんま「ああいう個室があるような所は?」 工藤「行かないんですよ、普段」
工藤「初めてオシャレなとこ行って、みたいな。もう超ドキドキでした、ずっと。『テーブルマナーとかあるのかな?』とか思って」 さんま「中華料理で?(笑)」 工藤「スゴいキョロキョロしながら食べてました(笑)」

野村、グループで一番怒らせると怖いメンバー? 言いたいことは言う。強く言う時もある。
さんまさん、カシウェアの話。クィーンサイズ。

◎ヤン娘。ホメてま川柳・ホメ短歌のコーナー
飯窪、3姉妹「おそ松さん」にハマってる。「おそ松さん」の話。
飯窪、「春奈」と間違えられる。「明石屋さんま」。
飯窪、さんまさんのふとした仕草がカッコいい。エレベーターで。
工藤、休日は途中下車してまち散歩。 さんま「この頃、ぶらり途中下車みたいな番組ばっか・・・。やたら電車だ、バスだ、降りとるよな。そればっかりやな、今。もう勘弁してくれよって言うぐらい途中下車しとるわ」。
工藤、小学校の教科書全部とってある。
工藤、ブログに「鬼婆」と書いてしまってあとが怖い。節分。恵方巻き。さんまさんは食べない。
野村、父に似てチャームポイントは出てるアゴ。しゃくれてる。猪木。野村「元気ですか~!」。
野村、マイペース。マジティブアイドル。
野村、バースデーイベント開催。2月10日。
曲~「桜ナイトフィーバー」こぶしファクトリー

◎名言珍言ゆうとっtter
(野村みな美について・・・・上野まり子「正直、前は野村がデビューできるなんて想像できなかった。あれを見抜けるアップフロントを尊敬します。『原石を選んでるんだな。スゴい』って思いましたよ」)
野村、歌もダンスもやった事がなかった。運動神経が悪い。

見抜く眼。 さんま「俺は昔から、もう、ジャニーズ事務所のジャニーさんとメリーさんはスゴいなと。やっぱりアップフロントはアップフロントでそうなって来てんねん。『この子は将来いける』とか」。
さんま「プロの眼で『いける』って。俺、ジャニーズJr.とか若い子見てると、『こんなの、皆これ売れんのかなぁ?』とか思って見てたら、どんどんスターになっていくから『スゴいなぁ。なんであれを見抜けるかなぁ』という」。
さんま「でも、俺らでもそやねん。お笑い芸人の若い奴で『今は売れてないけど、コイツ売れよるやろな』と思うのは必ず売れるもんね。やっぱりそういう見抜く眼も俺たちも養われてきたのかと思う日もあるけども」。

(高校時代、服飾の専門学校に通っている彼と付き合っていたが独特な世界観について行けず別れてしまったというきゃりーぱみゅぱみゅに・・・・さんま「分からんではないね。長所を好きになって、長所を嫌いになってしまう。それが短所になってしまうわけやね。行き過ぎると」)
さんま「だから飯窪なんか、『胸の小ちゃいとこが好きだ』言うて結婚してもうたのに、何年か過ぎると『なんやこの胸!』って思われてもこれは仕方がないねん」。

(黒柳徹子さんから「今度さんまさんと仕事をするので言い伝える事があれば」と聞かれて・・・・大竹しのぶ「良いウソだったら良いけど、あんまり変なウソをつかないでね」)
さんま「ジミーと大竹しのぶさんの話はよく笑っていただくんですけど、あの2人こそリアルなんです。もちろん脚色とか加えたりはしてますけど、ほぼ事実なんです」。

◎ヤン娘。はいやせませんのコーナー
さんま「みなみちゃん、これはどうなの? やるにあたって。やり方とか分かってるよね?」 野村「先輩の2人から『ちょっと色っぽくやる』っていうふうに聞いてます」 さんま「もっと厳しくアドバイスしとけ、オマエら」 飯窪「そ、そうですね」
工藤、ファンからこのコーナーを聴くのは複雑と言われる。親目線。

(飯窪「パンパンになってますね・・・」)
工藤「めっちゃビックリしてる、野村ちゃん(笑)」 さんま「何が? なんだ、その顔は」「飯窪やりづらいよな(笑)。あんな野村みたいな澄んだ目で驚いた顔されると」。

(工藤「まだやめないで・・・」)
さんま「これや」「分かったな? 野村」 野村「はい・・・」 さんま「野村?(笑) 大丈夫か?」。

(野村「優しくしてね・・・」)
さんま「どついたろか。2人聞いてたよな?」 野村「あっ、コショコショ話?」 さんま「コショコショ話!? ちゃうわ!」。

(飯窪「お口に合いますか?・・・」)
工藤「顔が曇ってます(笑)。飯窪さんの」 飯窪「あんな真っ直ぐな瞳で見られると『自分何してんだろ』っていう(笑)」

(工藤「私、こんなになっちゃってる・・・」)
さんま「工藤いいね~」。

(野村「そこは見ちゃダメ・・・」)
さんま「それ何か、原っぱの何か、誰かウンコしたとこみたいな・・・」 野村「え? 意外と良くないですか?」 さんま「全然良くないわアホ! オマエ」。
村上「まだ15歳ですからね」 さんま「ええのか? それで。普通の15でええのか? オマエは」 野村「普通の15じゃちょっとやです(一同笑)」

◎エンディング
野村「(今日は)緊張したんですけど、最後は楽しく出来て良かったなと」 さんま「最後のコーナー?」 野村「コーナーって言うか、最後の方です」

おわり
>野村ブログ

ホンマでっか!?TV・まとめ一覧

  

MBSヤングタウン土曜日・まとめ一覧


ヤンタン 2016年2月 | Comments(-) | Trackbacks(-)