ヤングタウン土曜日とホンマでっかな情報の現在

ラジオ「ヤングタウン土曜日」の書き起こしとテレビ「ホンマでっか!?TV」の内容などをまとめています。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月

ヤングタウン土曜日~さんま・村上・道重・飯窪・徳永・140614

2014年 6月14日放送  MBSヤングタウン土曜日  (内容のまとめ・書き起こし)

(明石家さんま/村上ショージ道重さゆみ飯窪春菜徳永千奈美

◎オープニング
サッカーブラジルW杯開幕。あす日本の初戦。
道重「ワールドカップの日本戦だけはホントに家族大好きで」 さんま「まぁ、そういうにわかファンが多いから日本困るんですよね。サッカーファンを増やさなアカンねんな、あれ。あれ、もう、日の丸ファンが多いからね。サッカーで日本代表が世界と戦うっていうのが好きやねやろ?」 道重「そうです」 さんま「サッカーは好きじゃないのよね、日本人ってね」。
道重「日本人として日本を応援するっていうのがなんか好きです」 さんま「オマエも、ね、敗戦国日本背負ってるね~」 道重「日本大好き(笑)」

日本人審判。 さんま「昨日もね、日本の審判がPKを吹いたんですけども、おいら見てて『これPKちゃうぞ』って思ったんですけど。前に、あの審判がブラジル戦でレッドカード出してしまって、ブラジルの選手にね。で、何万人の客から大ブーイング受けてる審判なんですけども。気ぃ使いはってんやろね、『ここで・・・』(笑)」。
村上「あれはPKでしょう。結構後ろから掴んでましたよ」 さんま「昨日のあれをPKとったら、とんでもないPKの数多くなるぞ。そんなに激しく掴んでないって。あんなのゴール前は当たり前のこっちゃから」。

さんま「あっこのグループはね、ブラジルとクロアチアで、昨日の試合を観てると、決まりかっていう感じ」。
村上「スゴいですね、あのパス回し」 さんま「スゴいよね~。だから、イマジネーションっていう、ひらめきみたいなものが・・・。1人の個人がひらめいても、『あ、アイツここにパス出す』っていうのを、受ける側もひらめいとかなダメなんですね、サッカーってね」 道重「あ~、スゴい。じゃあ、以心伝心? 同じこと思ってないといけないって事ですか?」 さんま「そうそう。そのイメージが、どんだけ合うか」 道重「え~、スゴいチームワーク」
さんま「技術。あれはもう、要するに、能力やね。だから、イマジネーションは日本人は物凄足らないんですよ。元々。国民がね。想像力が乏しい国なんですよ。頭は良いんですけども。頭が良すぎて想像力が乏しい、っていうのもあるとは思うねんけど。やっぱ真面目過ぎるしね、日本人ってのは。昨日の審判なんかでも正しいと思うけど、真面目なホイッスルを吹かはる。やっぱりそういう国やよね」。
さんま「(日本の)選手たちも真面目やんか。一生懸命のタイプの人が多いけども、もうちょっとええ加減にね」 村上「本田選手なんかもスゴい真面目そうですもんね」 さんま「アイツはマスコミのインタビューあんまり好きじゃないんでね。普段は面白い奴らしいねんけども。俺も本田選手と会ったことないんですけども、物凄砕けた面白い男って皆言いますよね」。

ヤンタンで言った事が・・・。 さんま「(ヤンタンで言った事が)ヤフートップとかになってしまうから」 村上「あんまり言えないんですね? 深い事」 さんま「もう昔みたいにね、ラジオはラジオで言いたいこと言えたとか、テレビはテレビで関西ローカルやから好きなこと言えるとか、もうそんな時代は終わってしまったんで、そらもうテレビ・ラジオは面白くなくなるのは当たり前やよね」。
さんま「だから、大阪しか言わない話題があるわけですよ、我々なんかも。それ、大阪のファンが観て楽しむわけですね。『大阪ローカルやから、さんまちゃんこれ言うてんねやわ』とか」 村上「そういうサービスもちゃんと入れてあげてるんですか? さんまさんとしたら」 さんま「そうそう。だから、『明石家電視台』と、『踊る御殿』とか『ホンマでっか』と、全然やり方違う」 村上「あ~、全然違いますね」

◎前略のコーナー
徳永、ブログの更新は月に9回ぐらい。ブログに写真をあまり載せない作戦。生写真が売れなくなる。
徳永、レコーディングにつんくさんをつけてほしかった話。
「女性アイドル顔だけ総選挙」。道重8位。 さんま「ホンマや、(AKBらの中に)ポーンと道重だけ入ってるね、これね」 道重「嬉しいですね」 さんま「スゴいわ、これは」 道重「嬉しい。ありがとうございます。しかも、顔を褒められるってちょっと嬉しいですよね」
サッカーの話。最近フリーキックで得点が多くなったのはボールが良くなったから。軽くなった。
自分が天から授かったと思う才能は何かある? 道重「顔の可愛さ」。徳永「笑顔」。

◎ヤン娘。ホメてま川柳・ホメ短歌のコーナー
道重、モー娘卒業後はミキティみたいになりたい。 さんま「そうなの? タレント活動みたいな事をしたいのか?」 道重「そうですね。藤本さんて、なんか、CMとかソロでやられたりとか、バラエティとかの露出も多くて、なんか、『売れてるな』って感じが・・・(笑)。『カッコいいなぁ』って」 さんま「そうか~。バラエティだけで行くわけか?」 道重「ん~、まぁ考え中なんですけど」
さんま「ミキティなんか、やっぱりね、お笑いタレントと結婚したとか、庄司と結婚したとか、子供産んだとか、そういう話題で、やっぱり・・・。まぁトークも頑張ってるけども、そういうのは、やっぱり付いてくるからな。トークだけとかやったら大変なるで、色々」 道重「はい。今から力付けとかないと・・・」 さんま「あ、そうしようと思ってんの今?」 道重「う~ん、悩み中なんですけど、はい」
さんま「はぁ~・・・。これは、まぁまぁな、ミキティみたいになれたらなぁ、一番・・・」 道重「はい」

道重、共演者と仲良く喋るのが苦手。飯窪が羨ましい。 道重「はじめましての人とかが結構苦手で、ドキドキしちゃうんですよ。はるなんとか生田とかは、上手に喋れることが出来て、そのままの流れで収録に行って、和気あいあいと出来るのが羨ましいなぁって思う時はありますね」 さんま「道重、でも、そんな事ないような感じするけどな、オマエ」 村上「顔に出るんちゃうん? ちょっと」 道重「顔にも出るし、態度にも出て、緊張しちゃって」

飯窪、母が髪を青く染めた。毛先だけ青に。家族ドン引き。マネージャーから「スゴい目立つから暫くモーニング娘。の現場には来ないで下さい」と言われ母は出禁された。イケイケの母。さんまさんに挨拶に来た時はTシャツに首に手拭いをかけていた。
飯窪、ベリーズさんはもう怖くない。仲良し。最初は怖かった。
飯窪、大好きな「金田一少年」キッカケで東野圭吾の小説も読む。
徳永、同い年の久住の怖さを思い知る。
徳永、アメリカで見知らぬ人からプロポーズされた。
(優)徳永「ミュージカル 出てないももちが 焼き鳥を 勝手に食べて メンバー激怒」。
曲~「普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?」Berryz工房

◎名言珍言ゆうとっtter
(道重について・・・徳永「毒吐かないで黙ってれば正統派に見えるじゃないですか、24歳でも」)
さんま「(道重は)24には見えないわね、確かに。確かに、まだ子供過ぎるよね、色んな面でな」。
(今田耕司「兄さん徹底してるなぁ」)

(さんまさんの収録が長くなる理由・・・中川家・剛「例えば、若手が10人出てきたとしたら、10人全部のいいところを引き出すまでヤメないんです。そのパワーと優しさ、これはとてもマネは出来ないですし、スゴいとしか言いようがない」)
さんま「せっかく出てきたら、なんか、バッターボックス立たしてあげな。トークのバッターボックスでもね、あげなきゃね、これはやっぱ可哀想やんか、と思ってしまう。だから逆に気ぃ使う。しんどい。放っといたらええって言われんねんけどね、放っといたらええって言われてもね・・・(笑)」 道重「優しい」

◎ヤン娘。は癒せませんのコーナー
(道重「もうお終いなの?・・・」) さ「可愛らしさを出そうとして・・・。カチンと来た(一同笑)」
(飯窪「いっぱい味わってくださいね・・・」) さ「ダメでも変化付けたっていうのがエライよね」
(徳永「そこがいいの・・・」) さ「アカン、オマエは。何してんねんオマエは」
(道重「こうされるの好きなんでしょ・・・」) さ「まぁまぁ頑張った」
(飯窪「すっごく膨らんでますね・・・」) さ「膨らんでるってどういう事?(笑)」
(徳永「ニャンニャンしようよ・・・」) さ「アカンなぁ」
◎エンディング

おわり

ホンマでっか!?TV・まとめ一覧

  

MBSヤングタウン土曜日・まとめ一覧


ヤンタン 2014年6月 | Comments(-) | Trackbacks(-)