ヤングタウン土曜日とホンマでっかな情報の現在

ラジオ「ヤングタウン土曜日」の書き起こしとテレビ「ホンマでっか!?TV」の内容などをまとめています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

ヤングタウン土曜日~初登場、Juice=Juice宮崎由加(さんま・村上・道重・飯窪・宮崎)140201

2014年 2月 1日放送  MBSヤングタウン土曜日  (内容のまとめ・書き起こし)

(明石家さんま/村上ショージ道重さゆみ飯窪春菜宮崎由加

◎オープニング
道重、風邪でダウン。もうだいぶ治った。顔色が悪い。ストレス?
道重と飯窪、先週さんまさんがクシャミして痰を垂らした姿が忘れられない。面白かった。
モー娘のauのCMを見たさんまさん。道重が力入れて喋ってた。構え過ぎ。
風邪気味の時は「ジキニン」を飲んだら大丈夫という暗示をかけてるさんまさん。病院には行かない。

さんま「今日は、初めて、この番組に来て、さっきから、ず~っと『いつ紹介すんねや?』いう顔してやな(一同笑)、ず~っと見てるからな。紹介してあげるからね。え~、ジューシージューシー?」 宮崎「ジュースジュースです(笑)」
ヤンタン初登場、Juice=Juice宮崎由加。 さんま「幾つなんですか? 宮崎さんは」 宮崎「19歳の大学1年生です」 さんま「あ、大学行ってんの?」 宮崎「はい」 飯窪「飯窪と同い年です」 さんま「オマエらの事務所、子供やなぁ、19にしちゃ皆なぁ」 村上「中学生っぽいよね」
さんまさんにJuice=JuiceのCDを持ってきた。 宮崎「宜しくお願いします」 さんま「いやいや、こちらこそ。いつもいつもねぇ、もう。また名前書いてあるかぁ・・・」 道重「ハロプロの期待の星なんで」
さんま「アイドルに憧れてたんだ? 昔から」 宮崎「あ~・・・」 さんま「何?」 宮崎「あんまり考えてなかったです」 さんま「あ、そう? 何になりたかったの?」 宮崎「保育士になりたかったです」 村上「優しそうやもんね、顔も」 さんま「顔はなぁ。まぁまぁね、こうして表面的に優しい人は裏あるとか言うからな」 飯窪「全然ないです、全然ないです」

◎前略のコーナー
宮崎、ウグイス嬢のモノマネが得意。 宮崎「ピッチャー、村上君に代わりまして杉本君、ピッチャーは杉本君」 さんま「上手い上手い!(笑)」 村上「上手いねー!」 宮崎「ありがとうございます(笑)」
宮崎、兄が野球をやっていて小さい頃から観に行ってた。 さんま「石川やったら、星稜高校とか? お兄ちゃん」 宮崎「はい」 さんま「えっ、星稜高校!?」 宮崎「星稜高校です」 さんま「えっ、お兄ちゃん甲子園行ってんのか? そしたら」 宮崎「甲子園行けなくって、中学校の時は全軟で優勝・・・」 さんま「優勝してんの!?」 宮崎「はい、しました」
さんま「(お兄ちゃんは)今は? プロとか、そういうとこ・・・」 宮崎「いや、足を怪我してしまって、野球はやってない」 さんま「星稜高校入ってレギュラーでやっててんやろ?」 宮崎「星稜高校の時に、もう足骨折しちゃって」 道重「え~、残念」。中学では1番でセンターだった。
さんま「(モノマネ)もっぺんやって、もっぺんやって。あまりにもいいから」「微妙な間が上手いねん」。

モー娘が増上寺でヒット祈願。増上寺は道重の先祖が住職を務めていた。道重信教。 さんま「オマエの先祖がやってたん?」 道重「はい。私のおじいちゃんのおじいちゃんの弟が」
道重「ホントに色んな奇跡が重なってて、その増上寺でヒット祈願するっていうのも、スタッフさんとかも私の先祖がいるってこと全く知らずに」 さんま「うそやん!?」 道重「ここでヒット祈願をしようって言ってたら、そこのお坊さんが『道重さんの先祖の方がここで昔お坊さんやってました』っていう事で、ホントにたまたま」 さんま「ホンマに? それ」。
ヒット祈願した1月29日は先祖の命日。そこから見える東京タワーは55周年、モー娘は55枚目のシングル。

東京都内の各駅やビルなどにモー娘の巨大看板が設置されている。メンバーそれぞれに謳い文句も。
さんまさん、IMALUとは一生共演しない?
宮崎、父は45歳。父は陸上、母はテニスをやっていた。スポーツ一家。宮崎は走るのが得意だった。
宮崎、ダンスがダメ? リズムがあんまり取れない。
グラミー賞、ビヨンセがカッコよかった。
昨日「AKBがいっぱい」というDVDを観たさんまさん。番組で共演した人から貰ったDVDをあまり観ていない。1回も見ずに捨てるのは申し訳ないと思って昨日見だした。RADWIMPSの2007年のDVDも観た。

宮崎「歌詞があること自体、高校2年生の時に初めて知って」 さんま「歌詞があることに?」 宮崎「歌って、歌詞があるじゃないですか。それの意味が、知らなくって」 さんま「何を言ってんの君?」 宮崎「あの・・・(笑)、言葉を言ってるのは分かってたんですけど、その後ろの音楽しか今まで聴いてこなくって」 さんま「え?」 宮崎「それで、あのー、オーディション受けた時に、『歌詞の意味を考えて』って言われて、『何を言ってるんだろ?』って」 さんま「ははは(笑)」 宮崎「その歌詞はちゃんと1曲の中に物語になってて、世界観とか、そういう意味が、初めて知って」 さんま「そんな奴オーディション受けたらアカンやんろ」 宮崎「はい」
宮崎、保育園の時から中3までピアノをやってた。 さんま「ピアノやってたら音絶対取れるやんけ」 宮崎「そうなんですよね、きっと」 さんま「何言ってんの君?」 宮崎「分かんない・・・」 道重「身に付かなかったのかな?(笑) 10年やって」 さんま「身に付かないとかいう問題ちゃうやないか。破綻者やないか(一同笑)」。
ショージさんR-1の3回戦進出。娘のバターぬりえも。今年は真剣。
3年ぶりにさんまさんが1位、オリコンスタイル「第6回好きな司会者ランキング」の話。 さんま「俺らが選ぶ司会者と全然、やっぱり、素人さんの見る目がね、違うもんですねぇ」。

◎ヤン娘。ホメてま川柳・ホメ短歌のコーナー
道重、周りの10代に対して嫉妬。 飯窪「そんな・・・。だってこんな可愛い24歳いないですよ」 さんま「いやいや(笑)、いますよ。探せばいます。僕は公平な目で見ますけど、います」。
さんま「(俺は)58ですけども、20代の若手のお笑いとか見て、もう羨ましくて羨ましくて。“怖いもんは無いねやろな~”とか、守りに入ってないところがスゴい羨ましいね。俺はどっか守りに入ってんねんね。攻撃的であるつもりが、どっか守りに入ってるのがイヤやね。もうちょっと荒くいきたいね。経験が丸くさせんのよ、人間を」。
道重、auのCM出演を家族も喜んでくれた。親孝行できた。
道重、このあとの放送の「新チューボーですよ!」に出演。 さんま「トークも笑わしながら?」 道重「そうですね・・・(笑)、見てのお楽しみ・・・」
飯窪、しょこたんの映画を観に行った。面白かった。
飯窪、パパの眼鏡を折ってしまった。逆ギレ。パパにはスゴい強い。
飯窪、後輩のJuice=Juiceのライブ衣装を選んで作った。
宮崎、軽トラで送り迎えしてもらってた。小学生の頃おじいちゃんに。
宮崎、最優秀新人賞は逃したがいつかとりたいレコード大賞。
(優)宮崎「お兄ちゃん 野球で全国 制覇した」。 さんま「骨折なかったらな~」 宮崎「この全軟が終わった3日後か2日後ぐらいに、バンッてはねられちゃったんです」 さんま「牛に?」 宮崎「セダン?」
曲~「君の代わりは居やしない」モーニング娘。'14

◎名言珍言ゆうとっtter
(「趣味は?」という質問に・・・宮崎「無になる事です」)
(宮崎について・・・飯窪「Juice=Juiceのメンバーがボケた時のツッコミが的確で面白い。女の子っぽい由加ちゃんからは想像できないような鋭いツッコミに魅了される。ツッコむタイミングとか言葉の選択やニュアンスが本当にスゴい」)
(道重に対する不満・・・メンバー「道重さんと髪型が被ったらどんなに本番前ギリギリでも私達が髪型を変えないといけない」)

◎ヤン娘。は癒せませんのコーナー
(道重「どうしよう止まんないよ・・・」) さ「“勝手に動いちゃってる”っていう感を出さな」
(飯窪「激しいんですね・・・」)
(宮崎「あんまり経験ないの・・・」) さ「アナウンス口調でやってみ」 宮「あんまり経験ないの(一同笑)」
(道重「勝手に反応しちゃう・・・」) さ「今日は2つとも似たような感じ」 道「ジャンルが一緒でした」
(飯窪「いきかた教えて下さい・・・」) さ「敬語でええよな、可愛らしいのがなぁ」
(宮崎「そろそろ食べ頃だよ・・・」) さ「はい、アナウンス口調で」 宮「そろそろ食べ頃だよ(一同笑)」

◎エンディング
さんま「いかがでした? 今日は」 宮崎「最後のコーナーが、迷いましたね、どうしたらいいものか」 さんま「飯窪も同い年やけども」 宮崎「スゴいなって思いました。磨いていきたいなって」 さんま「そやなぁ。ほんなら、もう2~3、もうアダルトビデオでも借りて観たほうが」。

おわり

ホンマでっか!?TV・まとめ一覧

  

MBSヤングタウン土曜日・まとめ一覧


ヤンタン 2014年2月 | Comments(-) | Trackbacks(-)