ヤングタウン土曜日とホンマでっかな情報の現在

ラジオ「ヤングタウン土曜日」の書き起こしとテレビ「ホンマでっか!?TV」の内容などをまとめています。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月

ヤンタン~尾形春水・AAA揃う(さんま・ショージ・飯窪春菜・工藤遥・尾形春水)16/09/10放送まとめ

2016年 9月10日放送  MBSヤングタウン土曜日  (内容のまとめ・書き起こし)

明石家さんま
村上ショージ
飯窪春菜 (モーニング娘。'16)
工藤遥 (モーニング娘。'16)
尾形春水 (モーニング娘。'16)


◎オープニング
夏休みは何してた? 工藤、友達の家に泊まりに行った話。
尾形、母と水族館に行った。同じ日に、工藤もその水族館に家族と行った。会わなかった。
さんまさん、子供の頃の夏休みの話。山の中に落ちていたブラジャー。

モー娘のマネージャーが移動になる時に「尻文字」をやる話。マネージャーが別グループのマネージャーになる時に尻文字で「ありがとう」など書くのが恒例。面白い。


◎前略のコーナー
尾形、3回目のヤンタン。17歳。

今日は尾形がゲストで遂に「AAA(トリプルA)」3人が揃った。

さんま「これが噂のAAA?(笑)」 工藤「そうです!(笑)」
さんま「今、工藤汚いぞ。こいつ胸、ブァー(突き)出して(一同笑)」 工藤「違います!」「何もしてない。座り直しただけですよ!」

さんま「尾形は、『もうAAAでも仕方がないか』っていう感じなの?」 尾形「はい。AAAですね」 工藤「むしろ楽しんでます。尾形」
尾形「一番張り切ってます。AAAで」 さんま「あっ、要するに、もう仲間がいてくれる事が物凄嬉しいのか?」 尾形「はい! 2人も仲間が(笑)」

さんま「尾形の中では『この人は私より小っちゃいわ』とかある?」 尾形「いや、同レベルがいて良かった(笑)」
飯窪「ちょっと待った! 言っとくけど、この中で一番ないの尾形ちゃんだからね」 さんま「はははは!(笑)」 尾形「えっ!? それは・・・」 工藤「それはそうだよ!」
尾形「見たことないじゃないですか」 飯窪「あるあるあるある!」
工藤「みんな一緒に着替える時とかに、さすがに分かる」 飯窪「見えちゃうからさぁ」
さんま「これは尾形、俺も冷静に、まぁ、ブラの色んなせいもあるやろうけど、オマエが見た目では一番ないっていう・・・」 尾形「あれぇ? いや、そんな、私盛ったりしてないですから」

さんま「えっ? こいつら盛っとんの?(笑)」 工藤「盛ってないですよ! 盛ってない! 一番盛ってると言えば飯窪さんじゃないですか」
さんま「(飯窪は)今日も盛っとるよ、実は。ブラ買うたん? その・・・」 飯窪「今日は、自分が持ってる中で一番性能のいいやつを・・・(笑)。3人揃うと思って」
さんま「工藤も、ちょっと、いつもと・・・」 工藤「プッ!」 さんま「“プッ”じゃなしに」。

尾形「工藤さんと私、同じブラジャーだったんですよね(笑)」 工藤「そうなんですよ(お店も銘柄も)」
さんま「大きく見えるブラなの?」 尾形「フィットするやつ」
工藤「サイズに困るんですよ。あまりにも無さ過ぎて。なので、有名なブランドとか大っきくて使えないので」 尾形「うんうんうん」
さんま「小ちゃい人の、向きのブランドがあんのか?」 工藤「はい」
尾形「全く同じでしたよね」 工藤「全く同じでした。しかも、それをお互い同じように改造して使ってます(一同笑)」 飯窪「さらにフィットするようにね(笑)」
工藤「それを、ライブの時、衣装に着替える時に発見してしまって(笑)」 尾形「『あれ~?』って言って(笑)」
尾形「飯窪さんにもオススメしましたよね」 飯窪「そうそうそう。『教えて』って言って、そこで3人で盛り上がってました」

さんま「ホンマ、飯窪ちょっとズルいよ。今日」 飯窪「だから、 私の性能のいいやつも2人にずっとオススメしてるんです」
さんま「大変やな、オマエらも~。ホンマに。大変やわ~。どうにもならない事やしなぁ」 尾形「はい。そうですね」

さんま「だからオマエ、今日『一反木綿』、これ返さなあかんでオマエ」 飯窪「尾形ちゃんに・・・」
さんま「尾形、今日、木綿着てるしやなぁ(笑)。アップフロントやのに『アミューズ』って書いたTシャツ着てるから(一同笑)。これもどうかと思うで俺は~」。
さんま「今日は完全に一反木綿やわな」 尾形「はい。そうですね」

尾形「飯窪さん『黒はんぺん』とかいいんじゃないですか(笑)」 飯窪「“黒はん・・・”?(笑)」
さんま「尾形、ちょっと言い過ぎ。『黒はんぺん』、ちょっとカウンターで入ったみたい(笑)。なぁ? 俺らが言う分にはええけどなぁ」 飯窪「今、衝撃的過ぎて(笑)」
さんま「黒いっていうだけでも女子はコンプレックスやねんから。やっぱり色、白っていうのが女の人の武器やから」。

尾形は「一反木綿」、飯窪は「黒はんぺん」、工藤にもニックネームを・・・。
さんま「(工藤は)AAAの『胸突き出し女』やもんな(一同笑)。あれビックリしたわ。『AAAの揃い踏みです』言うた瞬間にTシャツ、グッグッと・・・」 工藤「違います」
飯窪「AAAって言いながら、みんなが何かしら、こう、『私は』っていう(笑)」 工藤「ちょっと主張しようとする」
さんま「素直なのは、やっぱ尾形。何にもしてないな、オマエ」 尾形「はい。何もしてないです」
村上「それをね、何か逆にプラスに変えようとしてるっていうんか」 尾形「はい。前向きに考えてるんで(笑)」

飯窪、母は胸がめっちゃあった。16の時とかに。祖母も人並み。
工藤、母の胸は人並み。祖母はスゴく大きい。
尾形、母も胸が小さい。 尾形「お母さんは、私に『吸い取られた』っていっつも言ってて」 さんま「“吸い取られた”?(笑)」 工藤「吸い取れてない」

さんま「女性にとっては、胸はね、仕方がない事やし。まぁ、男の股間と一緒で、もうどうしようもない事やからな」 飯窪「それに対して『うん』も何も言えない(笑)」
さんまさん、「男は大きくしようと努力をする」という話。兄は塩で揉んでカブれた。

さんま「胸大きくしようとして、何かしてんねやろ?」 工藤「効くものは、とりあえず片っ端からやってみました」 飯窪「やった。全部やった」
尾形「鶏肉食べたり、キャベツ食べたらいいみたいな」 工藤「そうそうそう」
工藤「きな粉牛乳がいいとか」 尾形「あ~、ありますね」
飯窪「プラセンタとか、ざくろとか」 尾形「うんうんうん」


尾形、先輩の飯窪に対してよく反抗的な態度を取る。ブログで飯窪をディスったり、コンサートでも飯窪をイジって大爆笑を取っている。 さんま「オマエ(尾形)、ようこの胸で、ようこんなイジりするなぁ(笑)」。
コンサートでは3人でAAAのネタが出来ている。

尾形、O脚。

尾形「小っさい頃からフィギュアスケートを習ってたのもあって、O脚がスゴい目立つので、スゴい矯正したいなぁって思ってます」

さんま「フィギュアやるとO脚になるの?」 尾形「はい。O脚で外反母趾にスグなる」
尾形「あと、土踏まずが無くなる」 さんま「ウソやん!」 尾形「スケート靴でスゴいベタベタ歩くから、土踏まず無い人が多いって言われてます。それで、脚はあんまり見せたくないなって感じ・・・(笑)」
飯窪「でも、尾形ちゃん脚長いですよ」 さんま「長いけどO脚?」 尾形「直らない」


尾形、服がありすぎてクローゼットに入りきらず、ダンボールに入れている。10箱ぐらいある。昔のスケート靴も入っている。記念のスケート靴。カビる?

フィギュアスケートの話。工藤と尾形、一緒にスケートに行った。尾形、試合では2回転半までやった。


鶴瓶さんが「さんまは一時期、ちょっと老けて不細工になった時期がある」と番組で発言していた。

さんま「日焼けしてない時に『老けた』って言われるんですよ。日焼けが落ちてきた時に」。
さんま「俺は、もうずっと変わってないように思うねんけど。オマエらどう? ずっと見てきて」 飯窪「全然そんなふうに感じなかったです。いつまでもキラキラとされてて」 さんま「(笑)」。


尾形、前髪の話。前髪は加入するちょっと前に作った。フィギュアスケートはデコ全開でやっていた。スケート選手は前髪を下ろしている人はいない。邪魔だから上げている。

土屋太鳳がゲスト出演した「ホンマでっか!?TV」の話。
さんまさん、土屋太鳳にゾッコン? さんま「可愛いよなぁ。爽やかで」。


◎ヤン娘。ホメてま川柳・ホメ短歌のコーナー
飯窪、思った事が顔に出る。嫌だと思ったら嫌な顔になる。我慢出来ない。嫌なものは「嫌」と言う。

さんまさん、仕事現場ではメイン司会でみんなが気を使ってくれる。全部いい人に見える。相手の悪い所が見抜けない。それでよく勘違いする。

飯窪、いつの日かロッククライミングしてみたい。
飯窪、アニメとコラボしたTポイントカードを手に入れた。「アイドリッシュセブン」にハマっている。出すときに恥ずかしい。

飯窪、さんまさんに最初会った時のドキドキがなくなってきた? さんま「慣れ親しんでしもたから。慣れが出てきてんねんな、俺に対して」。

工藤、宿題に追われた夏を懐かしむ。今はレポートとか研究課題を見つけるだけ。
工藤、料理するママの手伝い断られる。天ぷら。「遅い! 邪魔!」と言われた。

モー娘、今年も武道館で「でっかい宇宙に愛がある」を歌った。24時間テレビ。

工藤「風見しんごさんの娘さんのえみるさんが亡くなって、今年でハタチを迎えるって事だったので」 さんま「あぁ、あれから・・・。ハタチになってたんだ・・・。あれ小学校3年生か?」。
飯窪「11年前とかですかね」 さんま「そうそう。俺らしんごちゃん知ってたから、もう何て言葉を掛けてあげてええのか、もう全然分からんまま過ごしましたね、あれは」。


尾形、スタバで「お大事に」とカップに書かれた。

尾形「(スタバの店員が手書きで)カップルだったら『お幸せに』みたいなのを書いて渡す、みたいなサービスがあるんですけど、それでナゼか『お大事に』って書かれて(笑)」 さんま「ははは(笑)」。

尾形「顎にマスクを着けてはいたんですけど、そんな体調悪くもなかったんですけど」 さんま「分かる。でもな、初対面、オマエ体調悪いと思うぞ(笑)」。
工藤「色白ですしね」 尾形「青白く見えたのか、『お大事に』って書かれて」
さんま「マスクしてたら絶対『お大事に』って言うわ(笑)。細いし」 尾形「はい。で、『余計なお世話だな』とか思って。『ありがとうございます』って言って(笑)」


尾形、小さい頃に自作の歌を歌ってた。自作だけではなくお父さんのギターに合わせてコブクロやスピッツの曲を歌ってる動画が残ってる。今より歌が上手い? 小っちゃい頃の方が音程が取れてる?
飯窪と工藤、小さい頃の動画が無い。

尾形、17歳なのに自転車に乗れず。車移動が基本の田舎で自転車を持ってなかった。 さんま「あげるよ。ワンピースの自転車」。
大阪は自転車が多い。
曲~「泡沫サタデーナイト!」モーニング娘。'16


◎名言珍言ゆうとっtter
(尾形の嫌な所・・・・工藤「尾形ちゃんは頭脳レベルが高いから、難しい言葉を私に使ってくるんですよ。私も知ったフリしないといけないから、毎回困るんですよ」)

さんま「やっぱり、あれなの? 工藤、アホで・・・」 尾形「いや、アホとは思った事ないですよ・・・(笑)」 工藤「ウソだ!」 尾形「えっ!?(笑)」
飯窪「尾形ちゃん、頭がいいんですよ。色んな言葉知ってて」 工藤「難しい日本語とか、たまに使ってくるんですよ」 尾形「思った事ないなぁ・・・」

環境の違い? 尾形「工藤さんは小っちゃい時から芸能界にいはって、それで何かスゴい慣れてるというか。春水は高校1年生まで普通の女子高生だったので、『育った環境が違うな』みたいな」 さんま「そやな。やっぱバカにしてるな(笑)。そらしゃーない、しゃーない」 工藤「どういう事だ!」

工藤は尾形に触発されてカッコいい言葉を使う。「必要性」「否めない」。

さんま「(工藤と尾形を)パッと見たら、『どっちがアホ?』って言ったら、もうスグ答え・・・。悪いけど、工藤」 工藤「えっ!? ホントですか?」
さんま「うん、『どっちがアホ? 工藤!』って。もう即押し出来る、『工藤』って。これ分かる。顔に出るもん、アホと・・・」 工藤「えーっ!? ホントですか?」


(握手会でファンに言われて一番嬉しかった言葉・・・・尾形「大根よりも白い」)

さんま「嬉しい?」 尾形「握手会で、ほとんどの方に『白いね』しか言われないんですよ、私。『白い肌が素敵です』みたいな事をたくさん言われて、『大根より白い』って言葉が印象的で嬉しかったですね」「『あっ、なんか認められた』みたいな感じがして、嬉しかったです(笑)」
飯窪「私、いっつも、ファンの方に会う度に、『あれ? 日焼けした?』ですから(笑)。してないのに」 工藤「人一倍、気を使ってるのにね」

飯窪、白くなりたい。地黒。
尾形、父も真っ白。


(「さんまの向上委員会」が面白くなってきた理由について・・・・笑福亭鶴瓶「なんかもうみんな必死のところで行くから『オモロイな』ってなってきてんねん。あれ腹立つで、さんまって。そこで笑わして来とんねん」)

さんま「鶴瓶兄さんも観て頂いてるんだ? 『向上委員会』を。みんな観てくれてるからね、有難いことに」。

さんま「『これ伝わるかな?』って思うけど、伝わってるよね。あの芸人たちの必死さな(笑)。それ分かるやろ?」 飯窪「あんなに汗だくになって、普段は、こう、そんな、なんだろう・・・、必死になるっていう人達じゃないはずなのに」 さんま「そやな(笑)。豪華メンバーが座ってるからな」。



◎ヤン娘。はいやせませんのコーナー
尾形、前回の「癒せません」はダメだった。
尾形「やっぱ色気が足りないんですかね?」 さんま「まぁ17やからなぁ。こればっかりは仕方がない。そら、欲を言えば・・・。で、まぁ、胸も確かに影響してるわ」 尾形「(笑)あぁ・・・」
さんま「やっぱり小田なんか特やもん。胸突き出してやっとったからな」 尾形「3人足しても小田さんには敵わないような感じ」

さんま「(胸の大きさを)気にする事はないと思うねんけどなぁ。気にするほどでは」 飯窪「わっ! 男前な発言」
さんま「オマエら、LINEで写メ送ってこいよ。それ」 工藤「嫌です(笑)」 飯窪「何言ってるんですか!(笑)」
さんま「何にも悪用せぇへん。胸だけ。顔写らへん」 工藤「いやいやいやいや(笑)。3人のバストアップだけ送って『誰のでしょう?』」 飯窪「『誰が誰でしょう?』(笑)」

(飯窪「直接欲しいいです・・・」)
さんま「もっと緊迫感。“直接頂戴!”っていう感じ」。
さんまさんをジ~ッと見て笑う工藤。

(工藤「今からスゴい事するね・・・」)
さんま「焦った感じも出てるけども、これゆっくりバージョンもええねん」。

(尾形「なぁ、試してみぃひん・・・?」)
さんま「エロくや、もっと。もっとエロく」 尾形「エロく? はい」
さんま「“なぁ”がちゃうねん」。
尾形「なぁああ・・・、あ・・・?(笑)」 さんま「え? 何て!?」。
尾形「なぁああ・・・(笑)」 さんま「ナメてんのかオマエは(笑)」。
飯窪「尾形ちゃん耳まで真っ赤(笑)」 尾形「ダメだダメだ・・・。あぁ~・・・(笑)」

(飯窪「大っきいのがそそり立ってますよ・・・(笑)」)
さんま「最低(笑)。選んだ人、最低。ゴメンね、飯窪。今のはゴメン」。
工藤「最近多いね、そういうセリフ」 さんま「最低やわ、そんなのなぁ。ゴメンゴメン、アイドルに向かって、こんなもん読ますって。ゴメンゴメン。他にあったやろ。なぁ? 最低やわ(笑)」。

(工藤「欲しいの! 早く・・・!」)
さんま「あ~、工藤、頑張った頑張った! 今日、工藤いいね」。

(尾形「それだけはホンマにアカンて・・・」)
さんま「アカンアカン。大阪弁やのに」。
飯窪「頭抱えちゃった。先生(笑)」 さんま「監督泣かせやなぁ(笑)」。


◎エンディング
さんま「いかがでした?」 尾形「はい! 今日はAAAで初めてのヤンタン・・・」
さんま「(飯窪と工藤は胸を)大きく見せようとする努力が見えて、尾形が可哀想。裏切られた感じやな?」 尾形「裏切られましたね(笑)」

おわり
>尾形ブログ

ホンマでっか!?TV・まとめ一覧

  

MBSヤングタウン土曜日・まとめ一覧


ヤンタン 2016年9月 | Comments(-) | Trackbacks(-)