ヤングタウン土曜日とホンマでっかな情報の現在

ラジオ「ヤングタウン土曜日」の書き起こしとテレビ「ホンマでっか!?TV」の内容などをまとめています。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月

ヤンタン初登場、田口夏実(さんま・ショージ・飯窪春菜・工藤遥・田口夏実)16/07/23放送まとめ

2016年 7月23日放送  MBSヤングタウン土曜日  (内容のまとめ・書き起こし)

明石家さんま
村上ショージ
飯窪春菜 (モーニング娘。'16)
工藤遥 (モーニング娘。'16)
田口夏実 (こぶしファクトリー)


◎オープニング
本日(22日)配信が開始された「ポケモンGO」の話。
飯窪「 『ポケモンGO』最高ですね」 工藤「面白いですね」
さんま「そういうこと言うな! オマエら。テレビ出たり舞台出たりする人間やろ。敵やからな。ゲームとかネットに、テレビの客が取られてんねんからやなぁ。そういうのオマエらだけは最低するな。なぁ。演者として」 飯窪「はい・・・」 村上「いや、その割にはむっちゃ聞いてましたやん(笑)。『俺も捕まえに行くで!』みたいな感じで」
さんま「やっぱり時代の流れ上、トーク的に、手を出さざるを得ないねんな。時代のブームやから」。

ヤンタン初登場、田口夏実。16歳。
さんま「16歳やったら、ポケモンにハマるねやろ?」 田口「ポケモンは好きなんですけど、あのー、大人の方々がポケモンでこんなに騒げるのはスゴいなって思います」 飯窪「ははは(笑)」

さんま「(ポケモンGOは)俺、絶対せぇへんからね」 飯窪「おっ! いま言いましたからね」 さんま「俺はもう絶対、こんなテレビの敵に、俺は乗っかってる場合ちゃうわ」。


◎前略のコーナー
田口、モー娘オーディションに落ちてエッグに入った話。こぶしファクトリーの話。

ネットで芸能人の住所が調べられる? さんま「俺の家なんか、何人もピンポン来てるから。『ネットで調べました』とか言うて」「週刊誌なんて、俺が引っ越ししたその日にもう来てたからね」。

田口、朝寝坊の達人。父も寝坊する。起こしてくれない。グダグダ系一家?
田口「なので、遅刻しないスベを手に入れたので」 さんま「何を?」 田口「走ることです」 さんま「えっ?」。
村上「走った方が早いってのは、いつ気が付いてん?」 田口「遅刻するようになってから2年目くらいで(一同笑)」

週刊大衆からヤンタンにお便りが届いた。「週刊大衆と申します。いつも楽しく聞かせていただいています。先週の放送で、本誌・週刊大衆の名前が、さんまさんの口から出てきてビックリしました。しかも、『一番、真実を報道するやろ』とまで言っていただき、大変光栄です。本誌は長らく、さんまさんと剛力彩芽さんのことを『あるな』と睨んでおりました。また、さまざまな女性の噂やハニ―トラップにかかることも辞さないさんまさんが、事務所の決まりで、25歳まで恋愛禁止の剛力さんのことを大切に扱っているのも本誌は知っています。ぜひ、2年後、剛力さんと具体的にことが進んだ場合は、本誌に独占告白していただけないでしょうか。実は、さんまさんは約30年前、本誌の表紙モデルを飾ったことがあります。覚えていらっしゃるでしょうか? 毎号、美女優の方々が表紙を飾る本誌にあって、異例中の異例だったその号の売り上げは、芳しくなかったそうです。しかし、今は違います。2年後、剛力さんとの熱愛を告白してくださった号で、再び表紙を飾っていただけますよう、編集部一同、心よりお願い申し上げます」(週刊大衆Twitter)

モー娘も出演した「FNSうたの夏祭り」の話。渚のシンドバッド。


◎ヤン娘。ホメてま川柳・ホメ短歌のコーナー
飯窪、鋸山に行ってきた。絶景。石田と津野米咲と3人で。

飯窪、自己評価が相当低い。 さんま「あ、そうやな。飯窪は自分の評価を低くして生きてる人生やからな」。
心理テストをやったら自己評価が高いという結果だった。 さんま「だからコイツ、自分の評価を低くしている自分がスゴいでしょ、っていうタイプや」 飯窪「なんですかそれ!?」

飯窪、道重さゆみと会った。飯窪から誘った。道重の誕生日の前夜祭を2人で。
他に誰も誘わなかった。 さんま「自分のモノにしたいねんな」 飯窪「それもありますね」「会いたい人は、自分で誘えばいいのになって思います」 さんま「うわっ、出た!(笑) 裏飯窪が出た! コワ~っ」。

工藤、アイス2コ食べてお腹を壊した。1日トイレに。
工藤、はるなんのデート現場を激写。佐藤と歩いてる所を目撃して後ろから写真を撮った。
工藤、FNSでピンクレディーをカバー。工藤がほぼセンター。渚のシンドバッド。アレンジ。

田口、メンバーにおにぎりをおすそ分けしたら4分の1しか残ってなかった。怒った。 さんま「オマエ、アホの作文か!(笑)」。
田口、リュックの中にペットボトル7本。
田口、昨年は新人賞を獲れたので今年狙うはレコード大賞。トロフィー。

田口「(新曲のCD)よかったら聴いて下さい。お願いします」 さんま「村上さん、CDプレイヤーがないんですよ」 田口「え゛っ?」 さんま「“え゛っ?”て(笑)。オマエもとうとう本性現したな」。
曲~「サンバ!こぶしジャネイロ」こぶしファクトリー


◎名言珍言ゆうとっtter
(自身の性格について・・・・田口「わがままでめんどくさい女っていうイメージ強いと思うんですけど、意外と私って、贅沢しないタイプですし、小さなことに幸せを感じられる人です!」)
さんま「わがままでええねんで」 飯窪工藤「でもホンマはアカンねんで!」 田口「何ですかコレ?(笑)」

(永六輔「ラジオを手放さないタレントは生き延びていく。つまり人気の上に実力もある」)
さんま「我々世代は、『ラジオはトーク力をつける』っていうのは、かなり皆が口にしてた。『ラジオで鍛えろ』っていう事でしたから、時代的にも」。

(大橋巨泉「当時の11PMでは、人が取り上げていないもの、他でやっていないものを次々とやった。今のテレビの堕落の原因は、そこが欠けていることにあると思いますよ」)

さんまさん、先日亡くなった大橋巨泉さんの話。巨泉さんに「ダニみたいな人生でんな」と言った事がある。先日、「さんまのまんま」で関根勤とその話をした。次の日、巨泉さんが亡くなった。虫の知らせ?


◎ヤン娘。はいやせませんのコーナー
田口、「癒せません」を聴いて勉強してきた。
さんま「君も漫画とか読んだり、ちょっとHな雰囲気のテレビも見たりしてるやろ?」 田口「はい(一同笑)」

(飯窪「あっ、そこが熱中症です・・・」)
さんま「この世にこんなこと言う人いないし」。

(工藤「好きでしょ。こういうの・・・」)
さんま「あ~、上手いやろ」。

(田口「まだ誰にも見せたことないんだよ・・・」)
さんま「このコーナー向きの声」「どう? やってみて。初めて」 田口「ちょっと震えます(笑)」

(飯窪「焦らすの禁止です・・・」)
さんま「今の良かった! 良かった!」。

(工藤「どうだった? 私・・・」)
さんま「コイツ、持って生まれた才能あんねやわ」。

(田口「小さくてもスゴいんだから・・・」)
さんま「フフッ(笑)。悪い。申し訳ない。これは謝る。何を言わしてんねん、オマエら。アホか! 16歳や!」。


◎エンディング
さんま「今日はいかがでした? 田口さん」 田口「はい。最初の方はスゴい緊張してて、口が動かなかったんですけど、途中ら辺から、ちょっと心が開けてきて、ちょっと素が出てきちゃったので」

おわり

ホンマでっか!?TV・まとめ一覧

  

MBSヤングタウン土曜日・まとめ一覧


ヤンタン 2016年7月 | Comments(-) | Trackbacks(-)