ヤングタウン土曜日とホンマでっかな情報の現在

ラジオ「ヤングタウン土曜日」の書き起こしとテレビ「ホンマでっか!?TV」の内容などをまとめています。
2018年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年05月

ヤンタン初登場、佐々木莉佳子(さんま・ショージ・飯窪春菜・譜久村聖・佐々木莉佳子)18/04/21放送分まとめ

2018年4月21日放送  MBSヤングタウン土曜日  (内容のまとめ・書き起こし)

明石家さんま
村上ショージ
飯窪春菜 (モーニング娘。'18)
譜久村聖 (モーニング娘。'18)
佐々木莉佳子 (アンジュルム)


◎オープニング
さんま「今日、工藤から連絡あって、『ドラマ頑張ってます』とか訳の分からんLINEやってんけども。『温水さんと今一緒です』いうて」。

さんまさん、松坂桃李の話。仮面ライダーではなくシンケンジャー。戦隊モノの所作。

ショージさん、工藤が出演している戦隊モノのドラマを観た。 村上「やっぱりちょっと笑てしまう(笑)。言葉と動き」 さんま「肩揺らすとか、驚きの顔とか、違うねやろな、普通のドラマとは」。
戦隊モノの動きの話。肩を動かす。

ヤンタン初登場、佐々木莉佳子。
さんま「オマエまだ16!?」 佐々木「16歳なんです」
村上「20後半やろ」 さんま「歳ごまかすな!」 佐々木「違いますよ! まだ高校生です」
さんま「16? 見えないな~。背も大きいし、肩幅あるから」 佐々木「真剣に悩んでる事、やめてください(笑)。“肩幅大きい”は、ちょっと・・・」

佐々木、バレーボールをやっていた。
さんま「完全にスポーツやってた体やな、その体の作りからいくと。顔も老けてるし」 飯窪「大人っぽいんです! 顔立ちハッキリしてて」

佐々木、165cm。クラスで真ん中。グループで一番大きい。
さんま「あの、デカい女の人、何やったっけ? 背の高い」 飯窪「大林素子さん?」 さんま「ちゃうわ! どつくぞアホ!」 譜久村「熊井友理奈さんですか(笑)」 さんま「今、流れ上、分かるやろ。腕上げてるなぁ(笑)」。
飯窪はモー娘のさんま? 「お笑い向上委員会」を見すぎ。
佐々木のリアクション。アンジュルムのショージ。

16歳~17歳が一番才能がある。人として。詩を書くと良い。
さんま「KANさんの『最後に愛は勝つ』なんてアレ、若い時にしか書けない歌詞やねんね。最後に愛は絶対負けるもの、これだけ経験してるとね(笑)。良くって引き分け。『最後に愛は良くって引き分け~』やねん(笑)」。
さんま「(桑田佳祐に)『高気圧はビーナスたちの交差点』ていう歌詞、『今書けるか?』って聞こうと思ってる。多分『無理や』って言わはると思う」。


◎前略のコーナー
さんまさん、亡くなったブルーノサンマルチノの話。俺の青春。プロレスラー。サバ折り。

大谷翔平がメジャーリーグで活躍。
さんま「大谷はまだ『スゴい』って言ってあげたら可哀想やからな。もうちょっと見なきゃ。まぁ、おそらく大変になると、これから。かなり徹底マークもされだしてきてるやろうから、大変やと思う。だから、みんな『スゴい』『スゴい』って言うてあげんのが大谷にプレッシャーかけるから」。
さんま「メジャーリーグは大変だと思うわ、俺が長い事ね、野球を見てる限りでは。今の所、一生懸命、がむしゃらにやって成功してるけども、さぁこれから! という。まぁ、まだ23やから、大谷も全然焦ることない」。

16歳の佐々木。 さんま「16歳、どう見えてんの? 俺とかショージの事」 佐々木「とても面白い方・・・(一同笑)」
さんま「オマエ、オバちゃんやないか。俺、たまに世田谷とかのオバちゃんと喋るけど、そんな言い方やで、『いつも、とても面白いテレビを有難うございます・・・』。丁寧に言うてくれはるわ、世田谷のオバちゃんは。『元気をくださってどうも有難うございます』って、買い物に行くとお礼言われるわ」。
さんま「『見てるで!』とか、大阪やったらな。『アンタおもろいな!』とか、『頑張りや!』やけど、東京の高級スーパーは違う」。

佐々木、新興宗教みたいな服。教祖さま。肩幅子ちゃん。
佐々木、涙もろく子供のように泣いてしまう無邪気さを持つ。
佐々木、今日は緊張している。

映画「アルマゲドン」の話。
さんま「テレビでやってたから、『アルマゲドン』。やっぱり泣くなぁ。あれはカッコええなぁ」。
村上「『西郷どん』しか観てない(一同笑)。神社の前で相撲とってんの、あれ泣いてしもた」 さんま「ちゃう、『アルマゲドン』の話してんねん今」。
ヤン娘3人、「アルマゲドン」を知らない。
さんまさん、ヒロイン役のリブ・タイラーと父親のスティーブン・タイラーの話。いい話。飯窪涙。
譜久村、「アルマゲドン」と言えば陣内のネタ。 「心の中にアルマゲドン」。
さんまさん、「アルマゲドン」の内容の話。さんまさん的ポイント。

佐々木の顔の話。 さんま「顔立ちは16、15にしてはシッカリしてるし。濃いよな、顔」 佐々木「そうなんです、はい」
さんま「グッと寄ってんのか、顔」 佐々木「そうですね。ちょっと濃いねとは言われます、よく」
さんま「お尻の穴みたいな感じの顔やな」 飯窪「ちょっと! ちょっと! スッゴい失礼ですよ(笑)」 さんま「例えたらや」。
佐々木「お尻の穴? そうですね」 飯窪「嫌なことは嫌って言っていいんだよ!(笑)」 佐々木「そうです! お尻の穴みたいな顔してます」

佐々木、ハロプロの研修生になる前は地元のご当地アイドルだった。AKBとか他のアイドルの道は考えなかった? ハロプロが好きという気持ちが大きかった。
佐々木、今の状況には満足していない。もっと上に行きたい。目標は宇宙一のトップアイドル。

和田彩花の卒業を聞いたときの状況は? 和田のほっぺたをペチペチ叩く子も。佐々木は号泣して言葉にならなかった。
佐々木、アイドル活動は自分の限界までやりたい。


◎ヤン娘。ホメてま川柳・ホメ短歌のコーナー
飯窪、2冊目の写真集を出す。
さんま「水着もありで?」 飯窪「水着は無し!(笑)」 譜久村「ズルいですよね」 飯窪「ズルいはこっちのセリフですよ。出せるもんがあれば出してますって!(笑)」

飯窪、ブラはまだ届いていない。キャンセルされてた。だから頼み直した。

胸の話。 さんま「どうやねん? 佐々木は」 佐々木「私は、ないです」
さんま「トリプルAなのか!?」 佐々木「そうなんですよ」 さんま「うそやん!?」 佐々木「そうなんです、トリプルAなんです(笑)。トリプルAなんです」

飯窪、街なかで声を掛けられた。男の人が「スニーカー、カッコいいですね」。ナンパだった。ファッションを褒められると嬉しい。
譜久村、「髪」を褒められると嬉しい。
佐々木、「可愛いですね」と言われると嬉しい。「来世は何ですか?」。

飯窪、譜久村さんと一緒にお酒を飲みたい。可愛く酔ってる姿が見たい。
譜久村、酔わない。まだ酔うほど飲んでない。飲むのは白ワインや梅酒など。
譜久村「(飲みに行った時に)はるなんがハイボールとか飲むからスゴい」 さんま「カッコいい」 飯窪「好きなんですよ、ジンジャーハイボールが」
飯窪、日本酒が好き。日本酒ばっかり。一人でぷらっと飲みに行く。

譜久村、弟は腹筋バキバキ細マッチョ。鍛えてる。セノビックを飲んでいる。170cm。高校のバスケ部のキャプテン。
さんま「聞いといて、ステフィン・カリーのファンやったら、バッジあげる」。

譜久村、里保ちゃんのダンスを手本に特訓中。
「ダンスが上手くなりたい」と鞘師に相談したらダンスの動画を沢山送ってくれた。それが難しい。更にダンスが上手くなっていた鞘師。
譜久村「『こういうの全然出来ないよ』って言ったら、『こういう感性を持つだけでも変わるよ』って言ってくれたので」 さんま「鞘師が? へぇ~」。
鞘師は元気。
ダンスの話。
さんまさん、乃木坂のバイトのCMで最後揃わないのが物凄く気になる。

譜久村、私の二の腕を触った安倍さんが「エビみたい」と大絶賛。プリプリしている二の腕。
さんま「(譜久村の二の腕を)ここで俺もな、こう、掴みたいけども・・・。掴んでオマエに訴えられたら俺も・・・。『セクハラや』言うて・・・」。

財務次官のセクハラ疑惑。 さんま「『縛らして』って(笑)、あれはスゴいなぁ。お笑いの手法やけどなぁ。真面目な話して突然『縛らして』って言うのはスゴいワザやで。ホンマ難しいねんで、あれ。笑えば、笑えば難しい」。

さんま「(譜久村は)胸なんかもプリプリってしてるんだ?」 飯窪「キレイな形されてます」
さんま「触りたいなぁ~」 村上「つかまるぞ!(笑)」
さんま「“つかまるぞ”じゃなしに(笑)。これもアカンのか。譜久村が訴えたらアカンのか、俺」 譜久村「笑います(笑)」
さんま「ええよ、訴えて。俺、闘ってあげるから、弁護士なしで」 譜久村「強そう(笑)」 さんま「強そうやろ(笑)」。

佐々木、ハロプロで足の速さナンバー1。陸上を何年かやっていた。短距離。
さんまさん、青学の原監督に「スゴい足首してる」と褒められた。
さんま「オマエの足首は?」 佐々木「私の足首・・・」 さんま「汚っ! 靴下(一同笑)」 佐々木「いや! これ使い古してる靴下だから、汚いのは」
飯窪は足が速い? 高校の時にクラスの女子で2番だった。

佐々木、アイドルじゃなければ魚屋を継ぎたい。宮城の海の方。フカヒレやホヤが美味しい。
佐々木「新鮮な魚を食べすぎて、回転寿司の物が最初食べれなかった。それがスゴく辛くて。今は全然大丈夫なんですけど」 さんま「これは分かるなぁ。うちも水産加工やってたから、家が。傷モンの美味しいやつ、くれはんねんね、中央市場行くと」。
ブリしゃぶの話。

佐々木、小6でハードロックに目覚めた。いつか弾きたいディープパープル。父の影響。
父からギターを譲ってもらった。有名なギター?
バースデーイベントでギターを弾くのが夢。

さんま「何や?」 佐々木「すいません。段取りがおかしくて、私の。すいません」 さんま「本番中に反省すんのやめてくれる?(笑) 終わってから」。

曲~「泣けないぜ・・・共感詐欺」アンジュルム


◎名言珍言ゆうとっtter
(佐々木「都会は遊ぶ所が沢山ある。私が住んでいた所は全然なくて、イオンしか行く所がなかったんですよ。いつかお父さんが好きなロックバンドさんが来日した時に、ライブに一緒に行きたい。それが夢」)
電車が1両だった。スゴい田舎。
父はホワイトスネイクのライブに行った。

(「アンジュルムは弁当や差し入れを選ぶ順番にルールがある」と聞いて・・・・譜久村「お弁当の順番なんて私からしたらどうでもいいです。私が思う先輩後輩の関係って、お弁当の順番で決まるもんじゃないんですよ」)
譜久村は真面目。
弁当は先輩から選ぶ。
弁当にうるさくなったのは中澤のせい?

(「お笑い向上委員会」でさんまさんに・・・・よゐこ有野「そんなん聞いたらすぐラジオで言うでしょ」)
何でも言ってしまうさんまさん。「めちゃイケ」最終回の話。シークレットゲストだったが「最終回行くからな」と岡村に電話した。


◎ヤン娘。はいやせませんのコーナー
佐々木「ずっと緊張してます」 さんま「特にこのコーナーがプレッシャーなのか?」 佐々木「はい」
さんま「(佐々木は)無い胸を叩いてます」 飯窪「いい音鳴ってる」 さんま「胸なのに肋骨の音が鳴ってる」。

(飯窪「それ、反応しちゃいます・・・」)
さんま「反応の方に反応せなアカンねん」。

(譜久村「まだやめないで・・・」)
さんま「えっ? くすぐられてんの?」。
さんま「(佐々木は)練習しない、次、まだ。譜久村をよく聞く」 佐々木「すいません(笑)」

(譜久村「あっ、まだやめないで・・・」)
さんま「照れがあんなぁ譜久村、やっぱり~。ボディがいけないのかなぁ~」。

(佐々木「なんか変な気分・・・」)
さんま「ん? ちゃんとやろう」 佐々木「やってます・・・(笑)」
さんま「バタバタすんな! うるさい! ラジオで~」 佐々木「違います!(笑)」
さんま「それウンコしてるやないか(笑)。バンバン叩くな言うてるやろ! テーブルを~」 佐々木「すいません! ホントに焦るんです(笑)」

(飯窪「お願い! ください・・・!」)
さんま「良くなってるよ」。

(譜久村「また大きくなってるよ・・・」)
さんま「まぁまぁ、譜久村としては頑張ったな」。

(佐々木「そんなに見ないで・・・」)
佐々木「一応聴いてきたんですよ、ヤンタンを」 さんま「うん、だから下手や言うてんねん」。
さんま「見られてるから嬉しいねんで」 佐々木「嬉しい?」
さんま「あ~、アカンなぁ~」。


◎エンディング
さんま「いかがでした? 今日は。初めてのヤングタウン」 佐々木「スゴく楽しかったです」 さんま「あ、そうですか(笑)」 佐々木「スゴく楽しかった。沢山学べました」
佐々木「私も『向上委員会』を見たいです。見ます。見ようと思います」 村上「オマエ、なかなかせぇへんよね、何も(笑)」

おわり

>画像

ホンマでっか!?TV・まとめ一覧

  

MBSヤングタウン土曜日・まとめ一覧


ヤンタン 2018年4月 | Comments(-) | Trackbacks(-)