ヤングタウン土曜日とホンマでっかな情報の現在

ラジオ「ヤングタウン土曜日」の書き起こしとテレビ「ホンマでっか!?TV」の内容などをまとめています。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月

ヤングタウン土曜日~さんま・村上・道重・光井・中澤・つんく♂・120929

2012年 9月29日  MBSヤングタウン土曜日  (内容のまとめ・書き起こし)

(明石家さんま/村上ショージ道重さゆみ光井愛佳中澤裕子つんく♂

◎オープニング前略のコーナー
さんま「このヤングタウンに、つんくが、今日は頭っから」 つんく「はい、たっぷり喋らしてもらいます」
つんくさんからお米。 つんく「いつもお米頼まれてるんで(笑)」 さんま「米職人(笑)」 つんく「今日は新潟のね、有機栽培米を」
つんく「それと、まぁ、何て事ないんですけど、CDが、『しょっぱいね』という曲が」 さんま「コレの宣伝に来たのか?」 つんく「そういうんじゃないですけど、ご飯に合うのはやっぱりしょっぱい梅干しかな、というね」

さんま「今日、道重と光井は、やっぱり、かなり、つんくが来てるという事で・・・」 道重「はい、気を使います」 つんく「ははは(笑)」 中澤「緊張するよね~」 道重「緊張しますね」
さんま「新リーダー、頑張ってるみたいですよ」 つんく「そうですね。 でも、ホントに、よくまとまってますよ、今」

さんま「つんく、ひとつ聞きたいんやけど・・・。歌、メロがあるって思わなかった人をナゼ入れたん?(笑)」 つんく「ははは(笑)。 いや、でも、道重は、やっぱり何か光ってましたよね」 さんま「あ、そう? へぇ~、光っててんてオマエ(笑)」 道重「嬉しいです(笑)」
つんく「今の現役メンバー、ハロー、他の中でも、やっぱ、この色の白さとかも、なかなかいないですよね」 道重「いつも色の白さは確実に褒めてくれます」

ビデオリサーチ「テレビタレントイメージ2012年8月度調査」男性部門2位に明石家さんま。 さんま「好感度に関しては日夜努力してますから」。
つんく「好感度意識してやってるんですか? そうじゃなくって、人生?」 さんま「人生。 人生こうですよね。 好かれたい。 だから、一人でも嫌いな人をなくしたい」。

つんくさんがモー娘のリーダーを選ぶ時に重要視するポイントは? リーダーに必要な絶対条件は? つんく「絶対条件とかは無いんじゃないですかね。 でも、ん~、リーダーという看板が付いた方が魅力上がる子をやっぱリーダーしてもらうんですよ。 リーダーというまたキャラクターが1コ加わるわけでしょ。 だから、中澤とかが何も無しでただ一番年長さんをずっと演じてるだけで、もし例えばあの時に安倍がリーダーやったら、多分モーニング娘。面白くないような気がするんですよね」
さんま「道重なんかは?」 つんく「田中と同期で2人おるけど、田中がリーダーするより道重がリーダーした方が絶対、グループがバランス取れるんですよ」 さんま「というイメージなんだ? あ~」。
村上「それ大体プロデューサー本人が決める事なんですか?」 つんく「そうですね」 さんま「スゴイよね、やっぱ、こういう女の子の扱いとか、そういうの考えて生きてんねんからね。 だから、そういう才能に優れてる、秋元康・つんくね、この2人は。 おいら絶対無理やもん、AKBの48人とかモーニング娘。をプロデュース」「(つんくは)多分、女っぽいと思うんですよね、中身が。 俺みたいに全面男の人は、その前にHが先に行くからね」 つんく「ははは(笑)」 さんま「そのチームのバランスよりも、俺と君のバランスを考える(笑)」。

さんま「つんくも裏切られる事があるわけですよ。 恋愛ダメって言うてんのに恋愛しやがってとか。こんな裏切り受けたら・・・。よう我慢してるわ」 つんく「だからホント、計算立たない時いっぱいありますもん。 ワァ~ってなる時あります」 さんま「そやろ」 つんく「ここかよ、みたいな。 この山越えてからでええやんけ、とか(笑)」
さんま「秋元クンと、こないだ“まんま”で喋っててんけども、『もう女性として見てない』ってね、AKBを。 まぁ、商品、どういう・・・、つんく、どう見てんの?」 つんく「秋元さんの視点と僕とはちょっと違うと思うんですけど、僕はやっぱり、作品をつくる・・・。 で、分身だと思ってるとこもあるんですよね」 さんま「モーニング娘。とか他のプロデュースした人は?」 つんく「はい」「自分がシャ乱Qで、ワァ~っと曲作って自分たちがツアーやってた時があって、その途中からフェードインしていったらモーニング娘。がいて、僕の24時間では演じ切れない事を彼女たちが演じ始めたわけですから」

パチンコ「CR元祖ハロー!プロジェクト」の話。
さんま「俺もパチンコ、変装しながら行ってるんですけど」「色んな歌手の人とか色んなキャラクターの物とかありますけど、結局、出るかで出ないかやからね」 村上「確かに。 もうそんな設定はええから出せ、と(笑)」 さんま「 “海物語”行くから、まだ。 今でも“海物語”。 無難やから。 解りやすいし」。
つんく「(さんまさんの本)『こんな男でよかったら』って本があんねんけど、その中で“パチンコで暮らしてた時がある”と」 さんま「そうそう」 つんく「“テレビを買った”とかね、出てくんねんけど」
さんま「昔は釘を見たら勝ててたんです。 パチプロがいてて、俺もその仲間やってんけども、釘の流れを見れば勝てたんです。 殆ど、もう90%、釘さえ、その台が空いていればね、釘を見てそのままその台が空いていれば勝てる時代。 だから9時半からもう体作って、喫茶店でコーヒー飲んで目を覚まして、軍艦マーチと共に入らなアカンねん、プロは」。
さんま「楽しかったね、あの頃」 つんく「食えてたら楽しいですよね、毎日」 さんま「ただ、右の人差し指と中指、黄色になる、ニコチンで。 タバコ下にしながら打ってるから。 あ、左手か、左手の指が黄色になる。 なかなか取れない。 で、今でも俺、軟骨出てる。 今、ちょっと直ってきたけど」 中澤「それ、パチンコの?」 さんま「これパチンコダコや」 つんく「え~、スゴイ(笑)」
道重「(さんまさん)パチンコのイメージ全然なかった」 さんま「早く卒業してるからね、パチンコは、もう。 ハタチぐらいからテレビ出だしたり」 中澤「忙しくなったし?」 さんま「そっから行けなくなってるから」。
中澤「今回、また、じゃあ“モーニング”でやって下さい」 さんま「今行ってんねん、だから。 その頃思い出すねん」「懐かしく、自分の18、9を思い出したくて今行ってる」 中澤「寂しいんですか?」 さんま「精神的には寂しい(一同笑)。 仕事の面でもね、あの頃は『仕事無いから、よ~し頑張るぞ』とか思ってて、今もう、ちょっと安定し過ぎてちょっとヌルくなってる、自分が」 道重「欲が無いんですか?」 さんま「欲があんねんけど、やっぱりあの頃の欲とハングリーさが違う」。
さんま「だから、ハングリーって必要なの。 だから、人生に必ずピラニアは入れとかなアカンねん。 俺たちがコイとしたらやで、ピラニア1匹入れとくだけで緊張感あって長生きするっちゅうね、その理論は間違いじゃないよね」。

◎ヤン娘。ホメてま川柳ホメ短歌のコーナー
さんま「俺つんくやったら(道重を)絶対採ってないからね。 歌手のオーディションでメロを知らないって、もうそんなもん考えられへんから俺は」 つんく「でも、さっきの話で言うと、ある種ピラニアとかになってくれるので、曲をこっちも緊張感が出て」 さんま「ムードメーカーになるしボケになるしっていう所も必要。野球でもそやねんけど、サッカーでもそやねんけど、チームの中に一人、そういう奴が」 つんく「でも、歌は諦めてるタイプの子じゃないので、そこがまたいいんですよ」

道重の声だけ常に加工。 さんま「苦労するよね」 つんく「時間かかるんです(笑)」 道重「お金もかかる・・・」 つんく「編集の時間にお金がかかる(笑)」 道重「すいません、そこに経費を全部・・・(笑)」 さんま「オマエ多大な迷惑かけてなぁ(笑)。 だから、やっぱり頑張らなアカンという事や、それだけお金使うてんねんから、事務所の」 道重「はい、頑張って恩返しします」
道重、地元コンサートで足がつった話。
(優)中澤「昔はね 怒ってばかり 後輩に 今では私 教えを請うの」。
さんま「中澤が子供産むなんて夢にも思わなかったからね」 中澤「まず結婚すると思ってなかったですもん」 さんま「なぁ」 中澤「“なぁ”て(笑)」 さんま「俺はずっとつんくの愛人や思っとったからね(一同笑)」。
曲~「しょっぱいね」つんく♂

◎名言珍言ゆうとっtter
(モー娘メンバーに・・・つんく「有名とは孤独の裏返しだ。 それでもモーニング娘。で居たいか?」)。
(Twitterで・・・つんく「俺の人生の70%はヤンタンで出来ています」)。
つんく「ヤンタンにミュージシャンが出てくれてたお陰で僕ミュージシャンなれたと思うんですよ。 あれが全部、ただ喋り手さんだけやったら、多分そこまで憧れもなかったと思うし、ミュージシャンになろうという意識がなかったと思う」
(「周りにあれだけ可愛い子がいて選り取り見取りなのにどうしてお見合い結婚したのですか?」と聞かれ・・・つんく「あの子たちは親御さんから預かった時点で全員娘。そんな目で見た事がない」)。
つんく「でもやっぱりちゃんと女性として見てますし、好きでいてもらおうって努力してますからね」 さんま「プロデューサーとしてね」 つんく「はい。 やっぱり汚らしいオッサンなったらアカンなっていう」

◎ヤン娘。は癒せませんのコーナー
さんま「さぁ、今日はつんくの前で」 道重「はい」 さんま「ちょっと可愛く見せようとかアカンぞ。 いつものようにやれよオマエら。 つんくはこのコーナー耐えられるかなぁ」 つんく「ホンマですか(笑)」 道重「恥ずかしいです」 中澤「やりづらいよね~」
(道重「見ないで・・・」) さ「“見ないで”や」 道「今日は勘弁して下さい」 さ「アカンわアホ、仕事やアホ」。
(光井「もう待てへん・・・」) さ「これ。 まぁまぁオマエは頑張ったわ」
(中澤「ひとりにせんといて・・・」) さ「あ、さすが」
(道重「眠れないの?・・・」) さ「アカン」
(光井「まだダメ・・・」) さ「まぁまぁまぁまぁ、もう時間ないからしゃあないわ」
(中澤「アカン! もうアカン!・・・」) さ「アホかオマエ(笑)」

◎エンディング
さんま「いかがでした? 今日は」 つんく「久しぶりに出さして頂きまして、やっぱり緊張しますね、やっぱりさんまさんと」 さんま「つんくが?(笑)」 つんく「はい、身が引き締まりますよ、やっぱり。 ホンマに憧れの憧れの憧れの、いかにさんまさんになりたいかというね」 さんま「(笑)目指してないやないか、ちっとも」。

おわり

ホンマでっか!?TV・まとめ一覧

  

MBSヤングタウン土曜日・まとめ一覧


ヤンタン 2012年9月 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ヤングタウン土曜日~さんま・村上・道重・光井・吉川・120922

2012年 9月22日  MBSヤングタウン土曜日  (内容のまとめ・書き起こし)

(明石家さんま/村上ショージ道重さゆみ光井愛佳吉川友

◎オープニング前略のコーナー
新メンバー小田が尊敬する先輩は道重?
尊敬してる人は? 道重「小倉優子」、光井「姉」、吉川「後藤真希」。 さんま「マイケルジョーダンも尊敬してるし、プラティニだ、クライフだ・・・」 村上「外人多いですよね、そういうスポーツ系の」 さんま「(日本のスポーツ選手では)長嶋茂雄さんとかは尊敬に値するけども、イチローもスゴイなとは思うけど、敗戦国ですから外人に憧れ持ってしまうのが・・・。で、また、スポーツのレベルがやっぱりちょっと違う。もひとつ上にいってますからね、サッカーの関しては。 バスケットに関してとかはね」。

EXILEのHIRO&上戸彩結婚。 さんま「HIROクンてのはスゴイ真面目な人で、記者発表する前に長い文でメールくれたんですよ。 『本当はもっと早く言いたかったんですけども、マスコミの状況があったり、芸能人同士なので、記者会見するちょっと前になりましたが、2人は結婚することになりました。 色々お世話になりまして・・・』とか書いて送ってきてくれたんです」。
さんま「上戸彩ちゃん、あの子ね、モノスゴええ胸してるんですよ。 で、俺、会話中に『胸デッカイなぁ』言うた事ある。 心の声がオンになってしまった」。
上戸彩はドラマ共演した17の頃からシッカリしてた。
長澤まさみからの手紙「さんまさん大好き」は書かされた物だった。 武井咲は昔の彼女にソックリ。

◎ヤン娘。ホメてま川柳ホメ短歌のコーナー
(優)道重「お母さん ラクダじゃないのに コブ2つ」。
ブラジャーを逆に着けていた道重の母の話。 道重「後ろ前逆に着けてたみたいで、後ろにずーっとコブが2コある状態だったらしくて(笑)」 さんま「頭オカシイ(笑)」。
道重、偏差値32で偏差値56の中学を受けて落ちた。 さんま「頭悪かってんなぁ」 道重「はい、頭悪かったです。 一番いい時で42でした」
さんまさん、高橋に誕生日メール。 さんま「愛ちゃんスゴイ喜んどった」 道重「あ、ホントですか」 さんま「言うなよ、オマエが教えたって。 (道重からメール)『今日は高橋愛ちゃんの誕生日ですよ、さんまさん覚えてますか』ってくれよったの。 “あ、そや”思って『おめでとう』(って送ったら)、『え~っ』てビックリマーク何個も付いて『覚えてくれてたの嬉しい、こんな嬉しいことはありませ~ん』って」 道重「純粋だなぁ」 さんま「なんか悪い事した感じ・・・(一同笑)」。
吉川、ドラマでキスシーン。 さんま「ドラマの女優さんがキスシーンってのは当たり前や」 道重「女優さんなら当たり前ですよね」 さんま「ごめんね吉川、この話ね、あんまり掘ったら道重が困りよんの」 吉川「そうですね」
吉川、堀江淳の「メモリーグラス」がお気に入り。
曲~「ダーリンとマドンナ」吉川友

◎名言珍言ゆうとっtter
(“明石家電視台”で寛平さんが右利きなのに「左利き」と言ったウソに対して・・・さんま「だから明石家、内容薄いって言われんねん」)。
(“ワンピース”16巻で・・・Dr.ヒルルク「人は、いつ死ぬと思う? 心臓をピストルで撃ち抜かれた時…違う。 不治の病に犯された時…違う。 猛毒キノコのスープを飲んだ時…違う。 人に忘れられた時さ」)。
さんま「これは名言の1つですよね」「チョッパーが出て行く時にね、ルフィと、『オマエなんか戻って来んな!』っていう毒舌を言うんですよね。 そこがまた感動のシーンなんです」。
(矢沢永吉25歳の時「目標にする人間? いないねぇ。 敢えて言えば10年後の俺かな」)。

◎ヤン娘。は癒せませんのコーナー
(道重「ダメって言ったらダメ・・・」) さ「もひとつ前に進もうという努力が見えないのが悲しい、先生は」
(光井「どこがええの?・・・」) さ「この頃光井がモノスゴ頑張ってきてるからね」
(吉川「反則だよ・・・」) さ「悪い様に言えばクサイって言うのかな(笑)、ええ様に言えば感情が入ってる」。
(道重「何でもするよ・・・」) さ「道重の声に合うた感じ」
(光井「やめんといて・・・」) さ「まぁまぁ」
(吉川「元気にしてあげる・・・」) さ「あ~、吉川まだ甘いね」
◎エンディング
さんま「『かっぱ寿司』のCM見るんですけども、あの吉川が物凄くキレイで。 でも、ここで会うと、あのCMを見る気も無くすというのか・・・」 吉川「ははは(笑)」 村上「ここ、声デカイから(笑)」

おわり

ホンマでっか!?TV・まとめ一覧

  

MBSヤングタウン土曜日・まとめ一覧


ヤンタン 2012年9月 | Comments(-) | Trackbacks(-)