ヤングタウン土曜日とホンマでっかな情報の現在

ラジオ「ヤングタウン土曜日」の書き起こしとテレビ「ホンマでっか!?TV」の内容などをまとめています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月

ヤンタン土曜日~鞘師モー娘卒業を発表(明石家さんま・村上ショージ・飯窪春菜・鞘師里保・石田亜佑美)15/10/31まとめ

2015年10月31日放送  MBSヤングタウン土曜日  (内容のまとめ・書き起こし)

明石家さんま
村上ショージ
飯窪春菜 (モーニング娘。'15)
鞘師里保 (モーニング娘。'15)
石田亜佑美 (モーニング娘。'15)


◎オープニング
鞘師、「モー娘卒業」を発表。卒業を発表する1時間前にさんまさんにLINEした。
鞘師「モーニング娘。を卒業します。今年いっぱいで」 さんま「あと2ヶ月間っていう事やな。普通、卒業する言うてから、卒業のライブがね、延々あったりとか」。
さんま「センターでね、もう“モー娘は鞘師”って言われているぐらいですよね。それが突然、『辞める』って、『卒業』『今年いっぱい』って、えっ!? えっ!? えっ!? 何があったん? と」。
スキャンダルではない。

さんま「どういう事やねん? ホンマ。聞けんのか俺たち? 今日ここで」 鞘師「言える限り」
鞘師「今年に入って、自分の先の事をスゴい考えるようになったんですよ」 さんま「オマエ、中途半端に16歳ではシッカリしてるなって前々から言うてたけども。やっぱりオマエ、結構あれか? ネガティブなのか分からへんな?」 鞘師「そうかもしれないです」
さんま「怖がりやねんな。今こうしてやってるけども、“これから”っていうのを考えてしもたのか?」 鞘師「そうですね。それに、ダンスがスゴく好きだったので、もっともっとスキルアップと言うか、したいなっていうふうに、まぁ、思っていたのもあったので、自分の知らない事も知るために、ちょっと外出て・・・」 さんま「あ~、勉強しようと?」 鞘師「勉強しようと思って、はい」。
さんま「それで『辞める』ってなったのか?」 鞘師「そうですね。スッゴい悩んだんですけど」 村上「ず~っと思ってたん?」 鞘師「ず~っとです」

鞘師「何回も会社の方に相談させて頂いて」 さんま「うん、その度に『ちょっと待て』と、『今モー娘で頑張ってくれ』って事務所は言うよな?」 鞘師「はい、そういう事もありました」
さんま「でも、『やっぱりこのままでは、私のね、人生、ちょっと違うぞ』っていう気がしたんだ?」 鞘師「そうですね。そうやって悩んでる間も、やっぱモーニング娘。として活動してるわけなので、そういうのがちょっとでも見え隠れするのも自分的にイヤだった」 さんま「シッカリしてるな、やっぱりオマエ~。16歳(17歳)で」。
さんま「やっぱりね、『このままでいいのか』って誰しもがぶつかる壁やわな。人生なんて一度っきりやからな。それが、16歳でオマエ、その壁に、もうブチ当たったわけやな?」 鞘師「そうかもしれないです(笑)」

鞘師卒業を聞いた時のリアクションは? 飯窪「頭が真っ白になって、ホントに。思っ切り衝撃・・・」 さんま「俺も昨日、俺ですらビックリしたから」 鞘師「えっ、ホントですか?(笑)」
さんま「そらビックリするやろ。16の鞘師が突然辞める、それも2ヶ月後っていうのは。それは『えっ!?』って、だから俺も『えっ!?』って(LINE)送ったやろ」 鞘師「はい」 さんま「だからね、今喋った通り、LINEにも書いてましたよ、『こうこうしたいんで』って」。

さんま「まぁ、人生ね、長いから、ちょっとでも悔いのないようにして生きていくのが・・・、悔いなんて絶対残るからね、死ぬ間際。それが1つでも人より少ないと、人生成功かも分からへんねんけどもやな。だから、悔いが無いのが一番大事やね。っていうような事を(鞘師にLINE)送って」。
さんま「で、『モー娘、べつに卒業してもええねんで』って送ったら、すぐ、『ホンマはアカンねんで! いやいやいやいや、今回は辞めさしてもらいます』って(一同笑)、一度ノッてました。鞘師が」 鞘師「はい。やっと出来ました、『ホンマはアカンねんで』(笑)」

鞘師卒業を聞いて・・・。 石田「私も、なんかよく分からなくなっちゃって、とりあえず涙だけ流れたんですよ」 さんま「はははは!(笑)」 石田「自然と出てくるやつが出てきちゃって(笑)」 さんま「オマエ、ショックで自然と出るもん、ウンコも出て?(一同笑)」 石田「違う違う違う(笑)」
飯窪「(メンバー)誰も、何も声を発せられなかったです。『えっ?』も何も言えなかったです」
鞘師「『え~っ!』って感じになるのかなと思ったんですけど、シ~ンって感じで、もうみんな何かジッとして見てたので」 さんま「うん、そやろな。それはそれはそうやろな~」 鞘師「想定外でしたけど」

鞘師、ハロプロには残る。 さんま「ソロになる気持ちも無くって、一応、ダンスとかをもうちょっと磨きかけたいのか?」 鞘師「そうです。とりあえず、なんか、いっぱい、知らなかった事もいっぱい知ろうと思って。ミュージカルとか沢山観に行きたいし、国外に出たら色彩感覚とかも全然違うじゃないですか。そういうのを自分の身に、付けられたらいいなぁって思って」
さんま「(鞘師の両親は)『君の好きなようにしなさい』っていう?」 鞘師「悩んでる時は、『もうちょっと居てもいいんじゃないか』みたいな話にはなったんですけど、まぁ、やっぱり、私は結構強い気持ちで、説得したというか」

さんまさん、結婚した時に芸能界を辞めようと思ってた話。
さんま「あっ、ごめんなさい、ラジオの前の皆さん。鞘師の話をもっと聞かせろと(一同笑)」。

さんま「俺はもう大正解と思ってるほうなんですね、鞘師の決めた事は。やっぱり、思い付いた時にやりたい事をやろうっていう決断て・・・。だから、モーニング娘。の鞘師はなくなるわけやんか。これから先、どうなるかも全く見えない道を選ぶって、モーニング娘。に居てたら見えるやんか、それなりに。それを、ここでね、英断するコイツのシッカリさ加減っちゅうのは、やっぱり、うん、スゴいなって。16で俺は無理やったからね。『鞘師、16で決断したんか』と思って、『エライな』って」。
さんまさん、17歳の時に授業中に学校の先生から「オマエ吉本に入れ。お笑いやれ。絶対売れるから」と言われた話。
さんま「だから、16の女の子が、パーン! と、ここで切れるスゴさ、羨ましい。俺なんか、もうズルズルいってしまうタイプで、そのズルズルさでここまで来れたっちゅうところもあるんですけども」。

さんま「鞘師、その決断で、もうスッキリしたのか?」「胸のつかえが下りた感じなのか?」 鞘師「はい、“伝えられた”っていう」 さんま「あ、ほんならもうあれやな、素晴らしい決断って事やな」。
鞘師、自分が抜けた穴は? 新メンバー4人のキャラが出てきた。同期や10期に任せられる。

さんま「失敗しても選んだ道を選ぶのが人生やな。失敗を失敗だと思わないような人間になれという事やな。失敗を楽しめる人生を暮らす事が一番。だから、成功・失敗なんかホントは無いからね。その人の行動っていうだけの事やから。もうこれでええねん」 鞘師「ありがとうございます」
石田「私も卒業とか、もし考える時きたら、さんまさんに相談したいなって思いました」 さんま「だから、自分で決める事やて、結局。鞘師が後悔しても、またそれがええねん。後悔が楽しいねんね」。

鞘師、ヤンタンは12月までやる。
さんま「(鞘師卒業で)飯窪も石田も、ちょっと喜んでる感はあるわ(笑)」 石田「どういう事ですか?」 さんま「石田は、『1月から私、ヤンタンレギュラーかしら?』って(笑)」。


◎前略のコーナー
鞘師と石田、ダンスと石田の唇の話。ヘルペス。
鞘師は石田の事をどう思ってた? 鞘師「真面目な話になるんですけど・・・」 さんま「ええよ。俺、真面目な話聞けんねんで、みんな聞けないと思ってるけど(笑)」 石田「聞けないと思ってました(笑)」
さんま「真面目な話は聞けんねん。ただ、ディレクターに『あそこ放送しないでくれ』とは言うねん、テレビなんかは。『真面目な話いりません』言うてね」 飯窪「へぇ~」
さんま「(鞘師)真面目な話してみ」 鞘師「(石田は)強がってるように見える事がスゴく多いなぁって、私的には思って。私もそういうタイプなんですけど、また違うタイプだなっていうふうに思ってて」「だから私の経験上、もっと色んな人に相談して。何かあったら」 さんま「もっともっと楽に、っていう事やな。強がらずに」。
石田、自分の事を話せない。あまりプライベートな話をしない。

石田の腹筋がファンの間で話題に。
さんま「えっ? 6つに割れてんの?」 石田「そんなに割れてないですけど、真ん中に線が入ってるのと・・・。全然鍛えてなくて。小さい時からダンスやってたっていう延長というか」
さんま「(俺も)『スゴい腹筋ですね』言われてんけど、俺も(何も)やってないねん」「勝手に付いて。腰の肉が無いだけやねん。そしたら・・・」 3人「・・・(笑)」
さんま「え? 何?」 飯窪「今さんまさん、スゴい、目の前でお腹出してらっしゃるから・・・(笑)」 石田「スゴいオープンに。ははは(笑)」 村上「オッサンの腹見たないねん、若い人は」
さんま「だから、(石田の腹筋は)どんなんや? どんなんや?」 石田「そうですね・・・。出しますか?」 さんま「出す出す!(一同笑)」。
鞘師「私服着てるから」 さんま「ちゃう、ファンの人『生でさんまさんに見さしてあげて下さい』って言うてるから」 飯窪「う~ん、言ってますね」
石田「見せられない事もないですけど」 さんま「そやろ! 見せてみ。どんなんや? 俺こんなや」 村上「いや、オッサンのええから」
石田「私も、こんなんですね」 さんま「あっ、なんや」 飯窪「立ってるとスゴい分かりやすい」 さんま「どれ? あっ、ホンマやホンマや。だから、細いからか? まぁまぁ、だから筋肉付いてんねん」。
石田「ラジオで腹筋見せる事になるなんて思わなかったです」 さんま「そやな(笑)」。
さんま「ほな、鞘師もついでに見せとこか、腹筋」 鞘師「え~~~っ!」 村上「鞘師、腹筋あんの?」 鞘師「腹筋ない、腹筋ない、腹筋ない。やだやだやだやだやだ!(笑)」

石田、休日はスーパー巡り。1円でも安いものを買うのが趣味。出来るだけお金を使いたくない。ケチ。貧乏性。お金を貯めたい。メンバーに嫌われてる? メニューを見て一番安いものを探す。

飯窪&吉澤が出演した先週の「さんま御殿」の話。
さんま「飯窪、(「ホンマはアカンねんで」を)やる勇気は無かったやろ? あの御殿の中で」 飯窪「いや、やろうと思ってました(笑)」
さんま「あのメンバーで、いくつもりやったんオマエ?」 飯窪「何かしら・・・(笑)」 さんま「オマエ、スコーン! ってしてたで」 飯窪「絶対そうなったと思います(笑)」
さんま「オンエア観たの?」 飯窪「観ました。もうガクガク震えながら観ました」
飯窪「もう反省ばかりです」 さんま「えっ? どこを?」 飯窪「せっかくトークテーマ話すとこあったのに、例えば、料理の下手とかも、例えを出さなかったなっていうのとか」「あとは、前歯の話をしていた時に、前歯に私、口紅ついてたんですよ(笑)。オンエア観たら」
鞘師、御殿での飯窪はどうだった? 飯窪の歯についた口紅が気になった。 鞘師「歯の話して、自分で指差して、ドアップだから(笑)」
石田、御殿での飯窪はどうだった? 石田「“トークの手土産”とか、私も勉強になりながら、『はるなんスゲェな』って思いながら(笑)」
飯窪「それもまた反省です」 さんま「何をや?」 飯窪「『ゴルフボール1個分』って言ったのが、ヤンタンリスナーの方しか分からないから」
さんま「野望はスゴいからね、飯窪のね。“あんなもんじゃないんです”いう感じやったから(笑)」。

飯窪、Googleトレンドで1位になった。ヤンタンや関ジャムでの発言がネットニュースになった。 さんま「ヤングタウン(での発言が)載るもんな。こないだ『関ジャニ∞の村上とか皆勉強しとんねん』っていうの、それもニュースになってたもんな」。
さんま「だから、今日は鞘師の話、『鞘師が本音をラジオで言う』とか」 石田「便乗したいです」 さんま「オマエ便乗できるよ。『その日のメンバーは』って書いてるから、名前だけは絶対載るし」。


◎ヤン娘。ホメてま川柳・ホメ短歌のコーナー
飯窪、牧野と映画「ギャラクシー街道」を観に行った。面白かった。石田は1人で観に行った。 さんま「最近、映画館も行ってない。最近、足運ぼうと思う映画が少な過ぎるから」。
石田、ケチ? 節約? 映画はレディースデー。ブラはオシャレより丈夫さ。
飯窪、メンバーに「首筋がキレイ」と褒められた。佐藤に。首が長い。
飯窪、御殿でさんまさんから「飯窪はスケベ」。男性共演者と目が合わせられないのはスケベだから。恋愛禁止でどんどん脳がエロに? 飯窪「もう開き直ります。スケベです」
鞘師、休みの日は1人で雑貨屋巡り。ヴィレッジヴァンガード。
さんまさん、古い大きな太鼓を買った話。インテリアとして。
鞘師、ピスタチオのモノマネ。 さんま「白目むいてない」。

鞘師、番組で流れた私の厳しい面。「関ジャム」で。 鞘師「後輩が返事をしてくれなくって、『声が小さいよ』って私がパッて怒ったのが、もう、“怖い”みたいな」 さんま「そら怖いわ、16の女がオマエ~。『声が小さいよ』って言うたんやろ?」 鞘師「そうです(笑)」
さんま「これはもう『鞘師、厳しいねんな~』っていう感じやわ」 鞘師「多分そうだと思います。それだけ見たらホント怖い」
飯窪「でも、後輩からしたら、そういう厳しい部分、先輩としてカッコいいなって思うので、言って下さる事がスゴく有り難いですね。メリハリというか、普段はみんなとワイワイやるけど、っていう。大事な所だと思うので」

石田、メンバーを除いた友達は3人。地元に3人。連絡先を知ってるのはメンバーとかを含め60人。
石田、後輩に奢るが一旦金借りる。牧野に。
石田、グループで一番小柄なはずなのに身長伸びてキャラが死にそう。小田に低い方で抜かされた。キャッチフレーズがなくなった。

さんま「鞘師(身長)伸びるぞ、12月から。言うといたるわ、ビックリするでオマエ」 鞘師「え~っ(笑)」 さんま「この歳でず~っとやってきてて、『伸びたらアカン』って脳が命令してて、辞めた瞬間ピュッと伸びんねん。もう“あっぱれ”の子供、全員見てきた事やから。驚くあれ、子役だけ」。
さんま「(子役は)脳で『子役、子役。小っちゃい、小っちゃい』ってず~っと勝手に思うとんねん。それが身長止めよんねん。辞めて安心した瞬間、普通の成長期に戻んねん」。
曲~「スカッとMy Heart」モーニング娘。'15


◎名言珍言ゆうとっtter
(音楽番組でゲストのモー娘を絶賛して・・・・ハマ・オカモト「僕はよく皆さんを引き合いにして言うんですけど、本当にバンドマンは皆さんのライブを観たほうがいいと思うんですよ」)
さんま「浜ちゃんの息子は、グループは何というグループなの?」 鞘師「OKAMOTO'S」 さんま「あ、OKAMOTO'Sか。せやせやせやせや。結構スゴいねんな、ライブハウスとかで」「あっぱれ出身者がいてるはずやねん。OKAMOTO'Sに」。

(鞘師が飛行機に乗り遅れ自腹5万円で1人で福岡に向かった話について・・・・石田「5万なら私休む」)
さんま「鞘師が卒業決まった時にね、思ったんですよ。『あれは半分わざと遅れよったな』っていう。もうイヤでイヤでしゃあなかった? 起きた時。なぁ?(笑)」 鞘師「違います!(笑) 絶対違う!」 さんま「絶対そう!」 鞘師「絶対違う(笑)」
石田、最近初めて洋服を買う時に1万円以上出した話。

(若い頃のさんまさんについて・・・・今くるよ「カッコよかったし、ちゃんと計画性もあったし、こういう方が総理大臣になったらええのとちゃうかな」)
さんまさん、今いくよ・くるよの話。若い頃から会う度に褒めてくれてた。有り難い。


◎ヤン娘。はいやせませんのコーナー
(飯窪「気絶するかと思いました・・・」) さ「お~! 頑張った頑張った」
(鞘師「うち、もうこんなになっとるけぇ・・・」) さ「今のは良かった」
(石田「たくさん召し上がれ・・・」) さ「こういうの言う人いないからな(笑)」
(飯窪「私壊れました・・・」) さ「壊れてないだろうけど、壊れちゃったかもしんない感。“もうイヤ、触るの怖い、壊れちゃってるでしょ”っていう感。分かる?(笑)」 村「アンタこれ終わったら、スタジオから出たら捕まるで」 さ「捕まらへんわ(笑)。仕事やもん」
(鞘師「もう立ってられんのじゃ・・・」) さ「ちゃんとせぇ」
(石田「もうどうにでもして・・・」) さ「60点」

◎エンディング
さんま「今日はね、鞘師がモーニング娘。を卒業するという電撃の発表から2日。いかがでした? 今日は」 鞘師「これから(ヤンタンの出演が)あと数回なので、時間大切にしようと思いました。改めて」
さんま「あと8回かと思うと寂しい感じもしますけども、まぁまぁ、鞘師のね、人生ですから」。

おわり

ホンマでっか!?TV・まとめ一覧

  

MBSヤングタウン土曜日・まとめ一覧


ヤンタン 2015年10月 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ヤンタン土曜日~明石家さんま・村上ショージ・飯窪春菜・鞘師里保・植村あかり(15/10/24まとめ)

2015年10月24日放送  MBSヤングタウン土曜日  (内容のまとめ・書き起こし)

明石家さんま
村上ショージ
飯窪春菜 (モーニング娘。'15)
鞘師里保 (モーニング娘。'15)
植村あかり (Juice=Juice)

◎オープニング~前略のコーナー
さんま「(鞘師)ちょっとぽちゃっとしたんじゃない? この1週間で」 鞘師「そうかもしれない・・・」
さんま「自分でもちょっと悩んでんの?」 鞘師「はい」 さんま「うそっ!? そんな気にしなくても。仕方ないやないか、16歳やねんからやなぁ」 鞘師「いや~、そうなんですけどね・・・。気になりますね」
体型は母に似る? 鞘師の母は普通の体型なので大丈夫?
鞘師、コンサート中に2階から照明器具を蹴り落としてしまった話。

植村、2回目のヤンタン。ポジティブ。16歳。大人っぽい。
植村、両親は34歳。イケイケの母? 母の髪は毛先だけ水色。父と母は同級生だった。 さんま「高校卒業してスグ生まれたのオマエ? ほな、在学中に妊娠だ?」 植村「多分、はい、そうです。ワオッ」 さんま「ワオッ(笑)」「(12月生まれなら)1月か2月に仕込まれてるから、妊娠が発覚したのが大体卒業式ぐらいちゃうか(笑)」。
さんま「(飯窪の母は)綺麗。お母さんは元モデルとかやってはったの?」 飯窪「ちょこっとだけ」 さんま「そやろな。やってはった感じする」。

植村あかりファースト写真集「AKARI」を見る。 村上「大人っぽいよね、表紙」 さんま「だから事務所も、そういう売りやねやろな。いきなり黒の水着で」。
さんま「色っぽいな、濡れたカッターシャツ。そのまま横から撮ったりして」 村上「このジャージ姿もいいね」
さんま「水着だらけや、白の水着。あっ! オマエ、これ過半数水着やんけ!」。
さんま「スタイルいいんだ!? 彼女」 飯窪「めちゃめちゃスタイルいいですね」
村上「これはもうファン喜ぶんちゃう?」 植村「どうなんだろ~?」 さんま「初めてでこんな水着多いって珍しい。セクシーポーズも多いし」。
植村「水着に、最初スゴい抵抗があって、マネージャーさんに『出来る限り水着のカットを少なくしてほしい』って」 さんま「でも8割水着やこれ(一同笑)」。
植村「タオルを最初、着てたりするんですけど、パッて脱いだら、もうホントに、『もうどうでもいいや!』ってなっちゃって」 さんま「あ、オマエそういう子なのか。芸能界で頑張ろうと思うんだ?」 植村「うふふふふ(笑)」
さんま「身体に自信があるからやろうね、これ」 植村「いやいやいやいやいや!」

植村、母からダメ出しが多い。「鼻デカくなったね」。
植村、飯窪と鞘師の魅力は? 飯窪のスタイルの良さに憧れ。MCが上手い。鞘師はダンスがスゴい。センターで堂々としてる。
板尾創路が先輩から言われて感銘を受けた言葉、さんまさんからの「オマエが一番面白かったわ」。吉本100周年のイベントで。憶えてないさんまさん。
先輩から言われて今でも印象に残っている言葉は? 飯窪「道重さんから『もっと甘えてもいいんだよ』」 鞘師「道重さんから『鞘師はホントに頑張ってる』」 植村「光井さんから『もうちょっと踊りも揃えたら良いグループになる』」。
植村、来年のフジテレビの連続ドラマの主役に。Juice=Juice5人が主役のドラマ「武道館」。

◎ヤン娘。ホメてま川柳・ホメ短歌のコーナー
飯窪、鞄には仕事の情熱を詰めていく。“鞄に常に入ってる物は?”という質問に「仕事の情熱」と答えた。
飯窪、新幹線で座席のマナーを教えている。12期に。
飯窪、1日で14本仕事した。盛岡でツアーの告知。
鞘師、メンバーの家に初めてお邪魔した。佐藤優樹。
鞘師、関ジャニと一緒に踊った「What is LOVE?」。
鞘師、植村との共通点は植物を枯らす才能。
植村、食費には糸目はつけない。賞味期限を切らす。
植村、将来はトリマーになりたい。犬が大好き。
植村、歌唱力が上がってきたと褒められた。厳しいボイトレ。菅井先生。
曲~「スクランブル」Juice=Juice

◎名言珍言ゆうとっtter
(植村あかりについて・・・・マツコ「どうやっても生きていけるのは植村だと思うのよ。どこに行ってもカワイイって言われて、男からもチヤホヤされるし、女の子からもカワイイって言われて、幸せな人生を送れるのは植村よ。でも、そこを一歩突き破れたのは、ハロプロっていうものが加わったからな気がするんだよね」)
さんま「分かるわ、俺も。オマエは、なんか、愛想もええし、向上心も強いし。『トリマーになりたい』いう夢持ってるし、アイドル真っ只中で」。
さんま「(植村は)シッカリしてんのか? 普段も」 飯窪「シッカリっていうよりは、愛嬌があるから、みんなに愛されるっていう」 さんま「敵が少ないっていう事なのか?」 飯窪「はい」

(ステージ上での鞘師について・・・・朝井リョウ「鞘師さんを大好き過ぎて、彼女の努力が今から爆発するんだって思うと緊張しちゃって、まともに見ることができない時があって」)
さんま「ドラマ、鞘師主役でその人書きたがってはるやろな」 鞘師「だったら是非」 さんま「やりたいの?」 鞘師「頑張ります」

(IMALU「五郎丸選手と結婚したら“五郎丸いまる”だ~」)
さんま「突然のラグビー人気でなぁ、笑うよなぁ」 飯窪「五郎丸ポーズとか、みんなやりますね」 さんま「あ、そう? あれ正確に言うと、ウィルキンソンやからね。五郎丸が教えてもうとんねん。俺らは、もう15年前に、あのポーズはラグビーファンは流行ってたの」。

◎ヤン娘。はいやせませんのコーナー
(飯窪「本気になってもいいですか・・・」) さ「“本気になっちゃうよ”っていう感や」
(鞘師「もうええじゃろ・・・」)
(植村「そんなんしたらアカン・・・」) さ「アカンアカン。そんなんではドラマ全然アカンやないか」
(飯窪「お持ち帰りになさいますか?・・・」) さ「何をや?(笑) これは台詞がオカシイ」
(鞘師「どこをどうして欲しいんじゃ・・・」) さ「あ~」
(植村「あんたむちゃくちゃ上手いやん・・・」) さ「抑揚やな」
◎エンディング

おわり

ホンマでっか!?TV・まとめ一覧

  

MBSヤングタウン土曜日・まとめ一覧


ヤンタン 2015年10月 | Comments(-) | Trackbacks(-)